>  >  > 『家売るオンナの逆襲』北川景子の“家哲学”

バリキャリvsワーママの戦いにどう決着つけた? 『家売るオンナの逆襲』北川景子の“家哲学”

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「女性が活躍し輝くため」に立てられた「ウーマンプロジェクト」。女性が輝くとは? という万智の問いに、庭野(工藤阿須加)は「女性が職場でも家庭でも生き生きするということ」と答える。では、男性は輝こうが輝くまいが普通に仕事を続けられることができる一方、なぜ、女性は輝くことを要求されるのか? それに対し、万智が「そんなものはくたばってしまえばいいのです」と威勢良く答えて見せたシーンは、とても痛快だった。

 一方で、男は仕事がうまくいかなかったら逃げ道がない、仕事しかないのって生きづらい、と零していた足立。「女の人みたいに人生にバリエーションがあるのってうらやましく思えることあるな」という、男性である足立が、女性の生き方を羨む声も印象的だった。

 年齢や性別を問わず誰しもが、固定的な理想の生き方に縛られないで、自らが望む幸せな生き方を模索していくしかない。今後の見どころとなってくる万智と屋代(仲村トオル)の2人の生き方にも、そのヒントが隠されているだろう。

(文=大和田茉椰)

■放送情報
『家売るオンナの逆襲』
日本テレビ系にて、毎週(水)22時〜放送
出演:北川景子、松田翔太、工藤阿須加、イモトアヤコ、鈴木裕樹、本多力、草川拓弥、長井短、千葉雄大、臼田あさ美、梶原善、仲村トオル
脚本:大石静
主題歌:斉藤和義「アレ」(スピードスターレコーズ)
音楽:得田真裕
演出:猪股隆一、久保田充
チーフプロデューサー:西憲彦
プロデューサー:小田玲奈、柳内久仁子(AXON)
協力プロデューサー:水野葉子
制作会社:AXON
(c)日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/ieuru_gyakushu/
公式Twitter:@ieuru2016

      

「バリキャリvsワーママの戦いにどう決着つけた? 『家売るオンナの逆襲』北川景子の“家哲学”」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版