>  >  > 『ゾンみつ』が伝える“生きることへの執着”

『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』可笑しくも切ない物語が伝える“生きることへの執着”

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 土曜の夜にまさか“人生”について深く考えさせられるとはーー。とある地方都市に発生したゾンビと対峙する人間たちの姿を描いたドラマ『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』(NHK総合)に釘付けだ。

 まず何より印象的なのが、登場人物たちの“人間臭さ”である。

 上京後、高校時代の先輩と結婚するも浮気されて地元にUターン。虚しさとともに生きることへの執着が薄れ、「ぶっちゃけ、いつ死んでもいいと思ってるところある」と諦観しているタウン誌のライター・みずほ(石橋菜津美)。だが、第1話でゾンビに噛まれそうになったみずほは頭の中で自問自答を繰り返し、最後の最後に“生きること”を選択する。

 そんなみずほの親友であり、地元の建設会社の事務員・美佐江(瀧内公美)は、こともあろうにみずほの夫である智明(大東俊介)と不倫関係にあった。第2話では情交を重ねたラブホテルでゾンビに囲まれるも、自分たちの生死より不倫がバレることを何より恐れる美佐江。すべてバレてみずほに詰め寄られるも開き直り、堂々と離婚届を突きつける智明。追い打ちをかけるように美佐江は彼を自分にくれとみずほに詰め寄った。

 そして第3話では、家庭で存在感の薄かったみずほの父・光男(岩松了)が、ゾンビ化したコンビニ店員・神田くん(渡辺大知)を粗末に扱うみずほたちを諫め、元の人間に戻る可能性を探そうとする。「ゾンビになったからといって人を殺してもいいのか?」という光男の素朴だが根源的な問いかけは心に深く刺さった。

 この突拍子もないシチュエーションにリアリティをもたらしているのは、3人のヒロインを演じる女優たちの素晴らしい演技力だ。

 複雑な感情をコントロールできない自分自身が許せないみずほを演じるのは石橋菜津美。今年FODとNetflixで配信予定のドラマ『夫のちんぽが入らない』でも主役を務めており、今注目を集める女優であることは間違いない。

 自己肯定感が低く、その割にストレートにモノを言うスナック店員・柚木を演じる土村芳は『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)で、菅田将暉演じる教師・柊と交際していた相楽文香役としても出演中。

 高校時代からみずほに対してコンプレックスを抱き続けてきた美佐江役の瀧内公美は、映画『グレイトフルデッド』や『彼女の人生は間違いじゃない』で体当たりの演技を披露し、強烈なインパクトを残している。

 30歳の女性3人がそれぞれに繰り広げる人間模様といえば、近年では『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)が思い浮かぶ。本作でも三者三様、異なるキャラの絶妙なバランスが安定感を生むことに奏功しているが、それらもすべて一人の人間が内包する人格であると考えると、より深みが増す。

      

「『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』可笑しくも切ない物語が伝える“生きることへの執着”」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版