>  >  > 『トレース』で描かれる母娘の悲劇

山本舞香の表情に隠された悲しい理由とは? 『トレース~科捜研の男~』で描かれる母娘の悲劇

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日2月4日に放送されるフジテレビ系月9ドラマ『トレース~科捜研の男~』第5話に山本舞香と矢田亜希子が出演。18年前に誘拐され、そのまま行方不明になった娘と母の悲劇の物語が描かれる。

 元科捜研の古賀慶の漫画『トレース~科捜研法医研究員の追想~』を原作とした本作は、錦戸亮演じる科捜研法医研究員・真野礼二が、「鑑定結果こそが真実」という信念のもと、闇に葬りさられようとしている真実の欠片を見つけ、亡くなった被害者の想いや無念を明らかにしていくサスペンスドラマ。

 第5話では、黒鷹山の山道付近でスナックに勤める海東奈津美(滝沢沙織)の遺体が発見されるも、遺体の周辺からは、海東とは違う人物の毛髪が見つかる。ノンナ(新木優子)がDNA鑑定を行った結果、その毛髪は18年前に誘拐されそのまま行方不明になった女児のものであることが判明。18年前、母親の島本彩花(矢田亜希子)が目を離した隙に、娘・ユウが誘拐され、彩花と父親の彰(山中聡)は身代金を届けたものの、ユウは見つからず、代わりに誘拐犯と思われる神崎徹(石垣佑磨)の遺体が発見されていたのだ。鑑定結果を受け、虎丸(船越英一郎)は今も娘の行方を探している彩花たちに事情を伝え、協力を要請する。

 矢田は、18年前から今に至るまで娘を探し続ける母親・彩花を演じることに対して、「短期間で壮絶な人生を演じることができたと思います」とコメント。また、彩花の娘・ユウを演じる月9初出演の山本と新木はドラマ『チア☆ダン』(TBS系)以来の共演。矢田と新木は、前クールの月9ドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)で共演を果たしている。

      

「山本舞香の表情に隠された悲しい理由とは? 『トレース~科捜研の男~』で描かれる母娘の悲劇」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版