“モードの反逆児”の人生を追う アレキサンダー・マックイーンのドキュメンタリー4月公開

“モードの反逆児”の人生を追う アレキサンダー・マックイーンのドキュメンタリー4月公開

 英国アカデミー賞英国作品賞/ドキュメンタリー映画賞にもノミネートされたアレキサンダー・マックイーンのドキュメンタリー映画『McQueen(原題)』 が、『マックイーン:モードの反逆児』の邦題で4月5日よりTOHOシネマズ 日比谷ほかで全国公開されることが決定した。

 本作は、前衛的なデザインと独自の美学、ずば抜けた想像力から生み出される数々のショーで世界を魅了しながらも、その成功の影で悩み苦しんだマックイーンの人生を、友人や家族たちとの独占インタビュー、掘り起こされたファッションアーカイブ、そして友人でもあったマイケル・ナイマンによる音楽を通して描く。

 ロンドンの労働者階級出身で、日々の食費にも困っていた青年が、23歳で失業保険を資金にファッションデザイナーとしてデビュー。次々と開いたセンセーショナルなショーは、大絶賛とバッシングで真っ二つに分かれ、彼の名前“アレキサンダー・マックイーン”は、たちまち世に広まった。そして1996年、弱冠27歳でジバンシィのデザイナーに抜擢されて世界を驚かせる。一方で、自身のブランドのショーはますます過激になり、モードの反逆児と名付けられるが、デヴィッド・ボウイやレディー・ガガの衣装やビョークのミュージックビデオの監督、プーマやティム・バートンとのコラボなどラブコールは後を絶たず、34歳で大英帝国勲章を授与される。だが、富と名声の絶頂期にいた40歳で突然、自ら命を断ってしまう。

 いったい彼はどんな人物で、いかにして現代のおとぎ話のような成功を果たし、なぜ燃え尽きてしまったのか? 『ピアノ・レッスン』の作曲家ナイマンの音楽に乗せて、伝説となったショーとその裏側が明かされる。

■公開情報
『マックイーン:モードの反逆児』
4月5日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開決定
監督:イアン・ボノート、ピーター・エテッドギー
音楽:マイケル・ナイマン
出演:リー・アレキサンダー・マックイーン、イザベラ・ブロウ、トム・フォードほか
配給:キノフィルムズ
(c)Salon Galahad Ltd 2018

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる