『ハケン占い師アタル』志尊淳が持ち味いかし仕事に向き合う 杉咲花の“キャラ変”も話題に

『ハケン占い師アタル』志尊淳が持ち味いかし仕事に向き合う 杉咲花の“キャラ変”も話題に

 占いによってアタルが品川に放った言葉は、「この世に何が正解か分かって生きている人なんて、一人もいない」というものだった。そうして迎えたサンプリング当日、彼はまさかの女装をして登場。本人いわく「こうでもしないと、ここに来れなかった」というもので、「サクラがいた方が人が集まる」という考えもあったようだ。ここで彼は小芝居を打ち、“サクラ役”を演じるのである。これが彼に今できる、逃げない仕事への向き合い方なのだ。

 ところで、普段ニコニコしているアタルが占いモードに入るとき、とたんに高圧的な人物に“キャラ変”するのだが、封切られたばかりの映画『十二人の死にたい子どもたち』でも終始イラ立ちを募らせる、刺々しい姿の杉咲を見ることができる。昨年放送された『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS系)や、映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』など、ひたむきで健気な女性役にピタリとハマる彼女だが、この手の間逆で高圧的な演技を見るにつけ、その振れ幅の大きさについ感嘆の声を漏らしてしまう。本作でのアタル役は、両タイプの杉咲を堪能できるのだ。

 次回の第4話では、上野がフォーカスされる。これまでの3人と違い、アタルより大きく年齢の離れた相手であるが、彼女がどのように救うのか注目である。

■折田侑駿
映画ライター。1990年生まれ。オムニバス長編映画『スクラップスクラッパー』などに役者として出演。最も好きな監督は、増村保造。

■放送情報
木曜ドラマ『ハケン占い師アタル』
テレビ朝日系にて、毎週木曜21:00~21:54放送
出演:杉咲花、小澤征悦、志田未来、間宮祥太朗、志尊淳、野波麻帆、板谷由夏、若村麻由美、及川光博
脚本:遊川和彦
音楽:平井真美子
ゼネラルプロデューサー:黒田徹也(テレビ朝日)
プロデューサー:山田兼司(テレビ朝日)、山川秀樹(テレビ朝日)、太田雅晴(5年D組)、田上リサ(5年D組)
演出:遊川和彦、日暮謙(5年D組)、伊藤彰記(5年D組)
制作協力:5年D組
制作著作:テレビ朝日
(c)テレビ朝日

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる