『はじこい』吉川愛演じるエトミカの成長 いつの時代もラブストーリーが求められる理由とは?

『はじこい』吉川愛演じるエトミカの成長 いつの時代もラブストーリーが求められる理由とは?

 「わかんないの。どうやったら好きでいてもらえるのか。私が思うのと同じぐらい好きに……」

 “エトミカ”こと江藤美香(吉川愛)がこぼした本音は、1000年以上前に生まれたという古典文学にも通じる。私たち人間は、いつの時代も愛し愛されたいと願って生きてきた。そして2019年の今もなお、愛する相手に必ず愛されるというメソッドは、確立されていない。だからこそ、いつの時代もラブストーリーは色あせないのだろう。

 『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)第3話は、それぞれの想いが徐々に加速していく回に。ただし、主人公であるしくじり塾講師の春見順子(深田恭子)を除いて……。不良高校生の由利匡平(横浜流星)は、なりたくないと思っていた“つまらない大人“とは全く違う順子にどんどん惹かれていく。そんな匡平に一目惚れしたエトミカ。そして、恋愛にはひどく鈍感で、今は匡平との受験勉強に夢中な順子。そんな3人が学ぶのは『伊勢物語』の第24段「梓弓」だ。

 ある男が、田舎に恋人を残して都へ。3年も帰ってこない恋人を待ちくたびれた女は、言い寄ってきた男と結婚の約束をする。いよいよ結婚当日というタイミングで、恋人の男が帰ってきてしまったから、さあ大変。「戸を開けてください」という男に、女は「3年という長い間、あなたの帰りを待ちわびていましたが、ちょうど今夜ほかの方と初めての枕を共にするところです」と歌を詠む。

 すると男は「梓弓 ま弓 つき弓 年を経て 我がせしがごと うるはしみせよ」(長い間、私があなたを愛したように新しい男を親しみ愛してください)と歌を返して立ち去る。男の深い愛情を知った女だが、時すでに遅し。女は「梓弓 引けど 引かねど 昔より 心は君によりにしものを」(私があなたの心を引こうが引くまいが昔から私の心はあなたのもの)と返し、悲しみにくれるのだった。

 これに、エトミカは「つか、3年もほっとくほうが悪いっしょ! 絶対、本気じゃないよ。都に彼女いたって! 男なんて昔からそうでしょ」と大ブーイング。もちろん、この言葉はエトミカ自身の恋愛経験によるもの。彼女の恋愛は、人恋しさばかりが先走り、相手を尊重する“愛の部分”が伴わなずにいたからだ。一目惚れした匡平に対しても、彼がどう思っているかよりも、自分がそばにいたいという気持ちで塾まで追いかける暴走っぷり。そんな彼女は、友人たちからも「重い」と言われてしまうほどだった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ