>  >  > 『初めて恋をした日に読む話』会見

『はじこい』横浜流星の天然ぶりに中村倫也も翻弄されっぱなし? 「うちの生徒がすみません」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 深田恭子と、永山絢斗、横浜流星、中村倫也が四角関係を繰り広げるラブコメディ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)が1月15日よりスタートする。初回オンエアに先駆けて、1月8日に完成披露試写会&舞台挨拶が行われた。

(左から)中村倫也、横浜流星、深田恭子、永山絢斗

 隔月刊『クッキー』(集英社)で連載中の持田あきによる同名漫画を実写化した本作は、受験にも就活にも婚活にも失敗したしくじりアラサー女子・春見順子(深田)が、東大卒エリート商社マンの従兄弟・八雲雅志(永山)、ピンクの髪がトレードマークの不良高校生・由利匡平(横浜)、順子と雅志の元同級生で匡平の担任でもある高校教師・山下一真(中村)との出会いを通じて、自分の人生を取り戻そうと奮闘する姿を描く。

深田恭子

 深田は「本人の中では東大に落ちてしまったところで時間が止まっていますが、私としてはカッコいい女性だなと思いました。私はなかなか物事を言い切ったりしなくて、すぐ迷うタイプなので。演じていて気持ちよく感じる部分はあります。こんなふうになれたらいいなって」と、順子の中に自分にはない魅力を感じている様子。

 逆に、似ている部分を尋ねられると「んー。ちょっとおっちょこちょいなところと、犬に話しかけちゃうところ」とコメント。劇中で登場する順子の飼い犬“とろろ“との微笑ましい会話シーンも見どころのひとつとなりそうだ。

横浜流星

 微笑ましいといえば、順子を取り合う恋敵となる3名の男性キャスト陣の飾らないやりとりにも注目だ。横浜が、第1話の試写を楽しんだファンに向けて「友だち、家族……あのー、こ、恋人? 家族と映画館に……あ、これ映画じゃない、ドラマです」と、しどろもどろになると、中村が担任教師役らしく「すみません、うちのクラスの生徒が。あとで生徒指導室でこんこんと!」とお茶目にフォロー。

中村倫也

 そして、中村自身が挨拶するタイミングでは「ぜひ、お友だち、恋人を誘って、映画館に……」と横浜のミスしたコメントを受けてボケてみせるのだが、肝心の横浜は深田の方を向いていてニコニコしており、まったく聞いていない様子。そんな掴みどころのない魅力に翻弄された中村は「子ギツネか、お前は!」とツッコミを入れていた。

 また、横浜が匡平役を演じてみた感想を尋ねられると「僕はオーディションだったんですけど、原作を読ませてもらって素敵だなと思いましたし、魅力的でカッコい匡平を絶対演じたいと思っていました。自信を持って全身全霊で演じています」と、今度はしっかりと挨拶をしてみせる。そんな横浜に思わず中村は「なんで、さっきそれができなかった?」と畳み掛け、会場の笑いを誘うのだった。

(左から)中村倫也、横浜流星

      

「『はじこい』横浜流星の天然ぶりに中村倫也も翻弄されっぱなし? 「うちの生徒がすみません」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版