>  >  > 滝沢秀明の俳優キャリアを振り返る

滝沢秀明は常に“等身大”の俳優だったーー最後の主演ドラマ『孤高のメス』を機にキャリアを振り返る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1990年代、まだデビューしていないにもかかわらず何十人というジャニーズJr.を束ねていた滝沢秀明。華々しくデビューした後も、後輩たちを牽引する存在として活躍してきた。そんな滝沢は、2018年末をもって芸能活動を引退。ジャニー喜多川社長の意思を受け継ぎ、プロデュース業に専念するという旨のコメントを発表。12月31日には、『ジャニーズカウントダウン2018-2019 平成ラストの夢物語!ジャニーズ年越し生放送』(フジテレビ系)に出演し、「23年間めちゃくちゃ楽しかったです」と笑顔でコメントをし、芸能生活に幕を下ろした。

 滝沢は、デビュー前の1990年代から多くのドラマに出演しており、代表作も多い。例えば、デビュー作となった『木曜の怪談』(フジテレビ系)。ジャニーズ事務所入所後すぐということもあり、決して流暢な演技ではなかったが、初々しく可愛らしい演技で視聴者の心を掴んでいた。実際、『木曜の怪談』シリーズは2年続くヒット作に成長。滝沢の名前がお茶の間に一気に広がるきっかけにもなったと言える。そして、1999年に放送された『魔女の条件』(TBS系)。松嶋菜々子とW主演を務めた同作は、女教師と男子生徒の禁断の愛を描いた作品だ。滝沢はどこか冷めている大人びた一面と、少年特有の衝動的な一面を併せ持つ黒澤光役を好演。若手ジャニーズ俳優として、ポジションを築いた。

 その後も様々な役を演じ続け、再び注目を浴びたのは2001年に放送された『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』(フジテレビ系)の頃ではないだろうか。滝沢が演じたのは、ケーキ大好きな元ボクサーの神田エイジ。怪我で引退後は見習いパティシエとなり、奮闘しながら成長していく役どころだ。滝沢は真っ直ぐで明るい青年を等身大に演じ、これまでのキャリアの積み重ねを感じることができたのではないだろうか。それから4年後の2005年には大河ドラマ『義経』(NHK総合)の主演・源義経に抜擢。俳優のキャリアとして大きな節目を迎えた。その後、滝沢は舞台に力を入れていくようになる。

      

「滝沢秀明は常に“等身大”の俳優だったーー最後の主演ドラマ『孤高のメス』を機にキャリアを振り返る」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版