>  > 『クリード 炎の宿敵』恋愛映画としての一面

原点にあった恋愛映画としての一面も 『クリード 炎の宿敵』が捉えた『ロッキー』シリーズのテーマ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『クリード 炎の宿敵』(2018年)は恋愛映画であり、スポーツ映画だ。前作以上にパンチ一発一発の「重さ」を強調した格闘シーンや、シリーズ定番の特訓シーン、ここぞというタイミングで流れる“あの曲”など、間違いなく本作は血沸き肉躍るスポーツ映画だ。しかし、それと同等に恋愛映画としての印象が強く、その点が本作をシリーズ屈指の傑作に高めているように思う。

 そもそも『ロッキー』(1976年)は、スポーツ映画であり恋愛映画だった。無骨な男・ロッキー(シルヴェスター・スタローン)と、不器用な女・エイドリアン(タリア・シャイア)。この2人が織り成す切実な恋模様は、間違いなく同作を傑作にした大切な要素だ。『ロッキー』の名シーンと言えば、街を走るランニングであり、ロッキーが彼女の名を叫ぶシーンである。前者はスポーツ映画の、後者は恋愛映画としての側面を印象付ける名シーンだろう。

 前作『クリード チャンプを継ぐ男』(2015年)も、こうした恋愛映画としての側面を踏襲していた。新たなる主人公、アドニス(マイケル・B・ジョーダン)は、リングに散った伝説的チャンピオン、アポロ・クリード(カール・ウェザース)が愛人との間に設けた息子だった。偉大な父を超えるボクサーになるため、“あること”を証明するため、アドニスは過酷な戦いに身を投じるのだが、その途中で出会うのが、耳に障害を持ちながら歌手を目指すビアンカ(テッサ・トンプソン)だ。2人の初々しい恋模様は往年のロッキーとエイドリアンに勝るとも劣らない、素晴らしいものだった。

 今回の『炎の宿敵』では、そんなアドニスとビアンカの関係性がさらに踏み込んで描かれる。アドニスは破竹の勢いでチャンピオンとなり、ビアンカも前作より大きな会場でライブを行い、レコード会社との契約も得た。彼女もまた夢を果たそうとしているが、一方で耳も悪化しており、「自分には時間がない」と自覚している。アドニス同様、彼女もまた人生を戦っているのだ。自分の夢のために人生と戦う2人は、今回も魅力的である。アドニスはチャンピオンとしての勝利を収め、ビアンカにプロポーズをする。指輪の渡し方であれこれ悩み、ここでもロッキーにアドバイスを乞うところが微笑ましい。2人は結ばれ、夫婦となって子を授かる。まさに幸せの絶頂だが、そこに試練が襲い来る。一つはドラゴ親子との因縁、そしてもう一つは……これは予告で伏せられている要素なので、劇場で観ていただくべきだろう。そして、この出来事が、本作を復讐劇ではなく、「愛」で繋がった2人が力を合わせて苦境に挑む物語として成立させている。最終決戦での入場シーンは、アドニスとビアンカを“共に戦う2人のファイター”として劇的に描いた名シーンだ。

      

「原点にあった恋愛映画としての一面も 『クリード 炎の宿敵』が捉えた『ロッキー』シリーズのテーマ」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版