『グッドワイフ』は“主婦”常盤貴子の強さに注目 数多あるリーガルドラマと差別化図れるか

『グッドワイフ』は“主婦”常盤貴子の強さに注目 数多あるリーガルドラマと差別化図れるか

 常盤貴子が主演を務める日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系)が、1月13日よりスタートした。

 アメリカテレビドラマシリーズ『The Good Wife』を原作にし、“リーガルヒューマンエンターテインメント”というテーマのもとスタートした本作。主人公の蓮見杏子(常盤貴子)は、夫・壮一郎(唐沢寿明)がスキャンダルで逮捕されたことにより16年ぶりに弁護士に復帰する。

 今作は常盤にとって、19年ぶりの日曜劇場。「立ち向かえ。法廷と理不尽に」をキャッチコピーに描かれるのは、弁護士であり、同時に主婦である蓮見杏子の生き様だ。16年ものブランクを抱え弁護士に復帰する杏子は、神山多田法律事務所への出勤初日に会議室を間違え、“クラウド”という単語に分からない素振りを見せる、若干のブランクは否めないスタートに。久々の裁判に向け、必死に口頭弁論の練習をするが、緊張感に欠ける裁判官、威圧的な態度を取る日下部直哉(武田鉄矢)に飲まれ、萎縮し多田征大(小泉孝太郎)に助けてもらう始末だ。

 そんな杏子を演じる常盤は、公式ホームページでのインタビューで「主婦としての目線を持っていること。それが彼女の武器であり彼女ならではの魅力だと思います」と語っている。それを象徴するのが、常盤もお気に入りのセリフに挙げている「16年間弁護士としてはブランクだけど、私なりに家事も育児も精いっぱいやってきたから、それが何の力にもなってないとは思わない」と多田に話す言葉。事件の被害者である浜口直樹(泉澤祐希)の荒んだ生活を見て、杏子は日常を大切にして過ごすことを勧め、「強くなれます」と断言する。その言葉が杏子自身をも鼓舞したのか、スキャンダルで一躍有名になってしまった“蓮見”という苗字を逆手に取り、日下部の核心に迫るネタを獲得していく。

 証拠となるメールを武器に日下部に立ち向かっていく杏子は、久々に法廷に立った時とはまるで別人だ。相手弁護士の「異議あり」の声には目もくれず、凛とした態度で弁論を続けていく。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる