常盤貴子、『グッドワイフ』で日曜劇場19年ぶりの主演 セリフの多さに「今年はこれで納めても」

常盤貴子、『グッドワイフ』で日曜劇場19年ぶりの主演 セリフの多さに「今年はこれで納めても」

 1月13日よりスタートする日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系)のプレミアム試写会&舞台挨拶が、本日1月7日に丸ビル 7階丸ビルホールで開催。主演の常盤貴子のほか、小泉孝太郎、水原希子、北村匠海、賀来千香子、滝藤賢一、吉田鋼太郎、唐沢寿明が登壇した。

 リドリー・スコット製作総指揮でエミー賞やゴールデングローブ賞を受賞したアメリカテレビドラマシリーズ『The Good Wife』を原作にした本作。蓮見杏子(常盤貴子)は、夫・壮一郎(唐沢寿明)がスキャンダルで逮捕されたことにより16年ぶりに弁護士に復帰する。仕事のブランク、夫への疑惑、同期との再会と、子どものために、覚悟を決めて数々の困難に諦めず立ち向かう姿を描くリーガルヒューマンエンターテインメントだ。

常盤貴子

 主演を務める常盤は、自身が演じる蓮見杏子のセリフ「弁護士としてはブランクだけど、16年間私は家事も育児もやってきて、それが無駄になっているとは思えない」というセリフが好きだと話し、「私も日曜劇場に19年ブランクがあるんですけど、一生懸命にやってきた仕事の数々を踏まえて、ここに立てているのかなと思います」と久々に日曜劇場に帰ってきた喜びを伝えた。

小泉孝太郎

 小泉孝太郎演じる多田征大は、神山多田法律事務所の共同代表で、10数年ぶりに杏子と再会し事務所に誘うという役柄。「弁護士チームのチームワークが良くて、撮影に行くのが楽しみで仕方がない毎日を送ってます。この先、検察チームと僕がどこまで深く入っていくのかはまだ言えませんけども、検察側のみなさんと対峙する日を楽しみにしています」とチームの仲の良さをアピールした。同じ、弁護士チームとして登場するのは、事務所のパラリーガルでミステリアスな円香みちる(水原希子)、杏子と同じ仮採用の若手弁護士・朝飛光太郎(北村匠海)、神山多田法律事務所の共同代表・神山佳恵(賀来千香子)。北村は、「吉田鋼太郎さん、小泉孝太郎さん、そして朝飛光太郎といったところで、役の中では3人目の“コウタロウ”を演じています」と話し、会場の笑いを誘った。

(左から)水原希子、北村匠海

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「レポート」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる