>  >  > 『SUITS/スーツ』中島裕翔の衝撃キス

中島裕翔の衝撃キス 『SUITS/スーツ』急接近した3人の距離

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先週の放送で、替え玉受験を頼むはずだった相手が大輔(中島裕翔)だったと知り、その場を立ち去ってしまった真琴(新木優子)。『SUITS/スーツ』第8話では、翌日の2人の会話から幕を開けた。

 大輔はかつて、替え玉受験で稼ぎを得ており、その時に依頼を受けた日向子(石橋静河)から、次は真琴の受験を頼まれていた。真琴は、自らが替え玉受験に頼ろうとしていたことを反省しつつも、「内心じゃ私のことバカにしてたんですよね? 勉強に付き合うふりをしてこんなの自分じゃ簡単なのにって」と、大輔に裏切られた気分でいた。

 そんな中2人は、甲斐(織田裕二)の大手建設会社「烏丸建設」を相手取った集団訴訟に協力することになる。それと同時に、「幸村・上杉法律事務所」内の情報漏洩問題が浮上し、犯人探しがスタートした。

 資料を格納したフォルダーにアクセスできるのはアソシエイトのみ。監督責任を問い詰められた蟹江(小手伸也)は、事務所総出で犯人探しを始め、消えたログの復元に成功。当該の時間帯に問題のフォルダーにアクセスした人物に挙がったのは真琴だった。

 大輔は、事務所を追い出され、解雇を受け入れた真琴をなんとか助け出そうと模索する。大輔が真琴の携帯電話に入れた長い留守番電話には「君がいないとさみしいんだよね」という本音のひと言も入っていた。

      

「中島裕翔の衝撃キス 『SUITS/スーツ』急接近した3人の距離」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版