>  >  > 『下町ロケット』イモトアヤコの演技が話題に

イモトアヤコのシリアスな演技が話題に 『下町ロケット』で見せた“女優”としての新たな顔

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 阿部寛主演の日曜劇場『下町ロケット』(TBS系)が第2話に入り、主人公・佃航平(阿部寛)が社長を務める佃製作所が早くも大きなピンチに直面している。第1話では、佃に流れる技術者としての情熱が描かれ、ロケットエンジンと並行してバルブのノウハウを活かし、トラクターのトランスミッションへの挑戦を製作所は決意する。トランスミッションを手がけるベンチャー企業・ギアゴーストへのコンペが通り、軌道に乗ったかと思われたが、ギアゴーストが大手トランスミッションメーカー・ケーマシナリーから特許侵害で訴えられてしまう。

 第2話でフィーチャーされるのは、ギアゴーストの副社長兼技術者・島津裕(イモトアヤコ)。佃製作所がロケット事業においてバルブシステムを提供している帝国重工の元社員で、伊丹大(尾上菊之助)とともにギアゴーストを立ち上げた。佃は帝国重工に務める娘・利菜(土屋太鳳)から島津が天才エンジニアで、優秀すぎたが故に、居場所がなくなったことを聞く。自動車のトランスミッション部門にいた島津は、新しいアイデアを次々と提案するが、これまで築いてきたプライドがある帝国重工の上層部がそれを認めず、彼女は社内で存在感のない“幽霊”のような扱いをされてしまう。異動先で出会った、同じく斬新な企画を出していた伊丹とともに、立ち上げたのが“ギアゴースト”だったというわけだ。

 佃たちは特許侵害を利用して、ギアゴーストとケーマシナリーをクロスライセンス契約に持ち込み、タダ同然でギアゴーストを傘下につけられることを弁護士から提案される。ギアゴーストを傘下につければ、佃製作所は一気にトランスミッションメーカーとなる。ビジネス戦略と言えば聞こえはいいかもしれないが、それでは人の技術や夢を盗み、勝ち得た栄光となってしまう。ギアゴーストにとってのトランスミッションは、佃たちのロケットエンジンそのもの。技術者としての情熱が、佃たちと共鳴しあったのだ。

      

「イモトアヤコのシリアスな演技が話題に 『下町ロケット』で見せた“女優”としての新たな顔」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版