>  >  > ムロツヨシ、ふざけることを封印できず

ムロツヨシ、“ふざける”を封印できず 『大恋愛』戸田恵梨香と“ツンデレカップル”に

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月12日22時スタートの金曜ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系)。初回オンエアに先駆けて、10月5日、東京・六本木ヒルズにて特別試写会が開催された。さらに試写会後、ステージに戸田恵梨香、ムロツヨシ、草刈民代、松岡昌宏、そして脚本家の大石静が登場。ムードメーカーのムロを中心に、笑いの絶えないトークが繰り広げられた。

戸田恵梨香、ムロツヨシ

 本作は、“ラブストーリーの名手“大石静が紡ぐ完全オリジナルドラマ。34歳で若年性アルツハイマーに侵された女医・北澤尚(戸田)と、彼女と恋に落ちた健気な売れない小説家・間宮真司(ムロ)が、尚の元婚約者でエリート精神科医・井原侑一(松岡)や、尚の母親・薫(草刈)ら周囲を巻き込みながら、愛と死に向き合っていく純愛物語だ。

 過酷な試練に立ち向かうヒロインを演じる戸田は「今回、こんなに難しいって実感したのはなかったかもしれないって思うくらい、すごく悩みながら演じています。私も昨夜、第1話を観ました。どうなってるんだろってドキドキしてたんですけど、すごいパワーのある作品ができそうだなって、確かなものをつかめたような気がしています」と、言葉を選びながら真剣な面持ちで感想を述べた。

戸田恵梨香

 難病という重い題材に「気持ちが持っていかれてしまう」という戸田。「昨日も泣いちゃいけないところで泣いちゃって。感情のコントロールが難しくなってます。今までそういう経験がなかったので、動揺しながらやってます」と話すと、松岡も「夜遅くスタジオでやってると、終わったときに“ハ〜ッ”てことになるんですよね。僕、あまりそういうのないんですけど、なかなか抜けなくて。こういう経験もあるんだなって毎日思いながらやってます」と共感。また、母親役の草刈も「ドラマのテーマもシリアスなところもあって、話の展開もどんどん進んでいきますので、難しいなと思って試行錯誤しながらやっています」と語った。その手探りな様子は、若年性アルツハイマーという病を前にしたときのリアルな反応かもしれない。死に向かっていく限りある時間の中で、どうやって愛に向き合えばいいのか。大石は「ポップな恋愛ドラマって流行ってると思うんですけど、魂をえぐられるような切ないものをやりたいなと思って頑張りました」と言葉を添えた。

松岡昌宏
草刈民代

      

「ムロツヨシ、“ふざける”を封印できず 『大恋愛』戸田恵梨香と“ツンデレカップル”に」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版