>  >  > 『半分、青い。』第122話あらすじ

『半分、青い。』第122話では、鈴愛(永野芽郁)がぬいぐるみを使ったあるアイディアを思いつく

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『半分、青い。』。8月21日放送の第122話では、鈴愛(永野芽郁)が五平餅カフェのぬいぐるみの声に和子(原田知世)を起用したいと考える。

 鈴愛が携帯電話を花野(山崎莉里那)のぬいぐるみに仕込んだ第121話。第122話では、ぬいぐるみを使って花野から店名を聞き出した鈴愛は、同じ方法を使って五平餅カフェに来た人を楽しませたいと考える。そして、その声を病気療養中の和子にお願いしたいと律(佐藤健)に相談。和子だけでなく律を支えたいと思っている鈴愛は、律の頼みを受けて、日々の看病で気が沈みがちな弥一(谷原章介)を励ます方法を考える。そんな中、ふくろう商店街を、思いもかけない人物が再訪し……。

 岐阜県と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインが、1970年代から現代までを駆け抜け、やがて“一大発明”をなしとげるまでの半世紀におよぶ物語。主演の永野芽郁のをはじめ、佐藤健、奈緒、矢本悠馬、清野菜名、志尊淳、松雪泰子、滝藤賢一、上村海成、山崎莉里那らがキャストに名を連ねる。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■放送情報
NHK連続テレビ小説『半分、青い。』
平成30年4月2日(月)~9月29日(土)<全156回(予定)>
作:北川悦吏子
出演:永野芽郁、松雪泰子、滝藤賢一/佐藤健、原田知世、谷原章介/奈緒、矢本悠馬、石橋静河、余貴美子、風吹ジュン、中村雅俊、上村海成/清野菜名、志尊淳、山崎莉里那
制作統括:勝田夏子
プロデューサー:松園武大
演出:田中健二、土井祥平、橋爪紳一朗ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

「『半分、青い。』第122話では、鈴愛(永野芽郁)がぬいぐるみを使ったあるアイディアを思いつく」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版