>  >  > 『チア☆ダン』最終回的ムード漂う

オダギリジョー負傷に廃部危機 土屋太鳳『チア☆ダン』第6話で最終回的ムードが漂い始める

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 太郎(オダギリジョー)が事故に遭ってしまうという衝撃的な展開で幕を閉じた先週の第5話。対立をつづけていたチアリーダー部との和解の兆しも見え始めていた中で、まさに一進一退を繰り返す波乱万丈な福井西高校チアダンス部「Rockets」。さらに太郎の不在と重なるように、穂香(箭内夢菜)が練習中に足を痛めてしまい、穂香の父が他の保護者を引き連れて学校に乗り込み、「廃部」を要求してくるのだ。

 8月17日に放送された金曜ドラマ『チア☆ダン』第6話。ドラマも折り返し地点を越え後半戦に突入した途端に、これまでRocketsを支えてきた太郎が重傷を負って入院し、顧問の不在を理由に何度目かの廃部の危機に。毎週ピンチが訪れるのは連続ドラマの常とはいえ、太郎の妻・今日子(松本若菜)からわかば(土屋太鳳)に託されたノートとそれを読むわかばの脳裏によぎる思い出といい、どうしてだか突然最終回的なムードが漂い始めるのだ。

 そんな今週のエピソードでは「父親」の存在というのがひとつ大きなファクターとなっていたと見受けられる。娘である麻子(佐久間由衣)に「9割うざくて1割いないと寂しい」と表現される桜沢教頭(木下ほうか)、娘を心配するあまり娘が見つけた夢をつぶそうとしてしまう不器用な穂香の父親、そして幼い息子が自然とチアダンスを覚えてしまうほど研究熱心な太郎。

      

「オダギリジョー負傷に廃部危機 土屋太鳳『チア☆ダン』第6話で最終回的ムードが漂い始める」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版