新シリーズ本来のコンセプトが明らかに 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の“いびつさ”を読む

新シリーズ本来のコンセプトが明らかに 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の“いびつさ”を読む

 あの『ジュラシック・パーク』シリーズを14年ぶりに再始動させ、スケールアップした映画『ジュラシック・ワールド』は、2015年に公開され大ヒットを記録した。その成功から制作された、さらなる続編『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の内容は、それを心待ちにしていた多くの観客の予想を、いろいろな意味で覆すものになっていた。

 ここでは、そんな『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の意外な中身に言及しながら、前作と併せて観ることでハッキリとした、この新しいシリーズ本来のコンセプトが何だったのかを考えていきたい。

 スティーヴン・スピルバーグ監督の『ジュラシック・パーク』(1993年)は当時、記録的な大ヒットを達成しただけでなく、CG(コンピューター・グラフィックス)を本格的に導入することで、娯楽映画大作のスペクタクル表現を新しいステージへと進ませる、映画史に残る伝説的作品となった。

 4作目となる続編でありながら、1作目を派手にリメイクしたような内容の『ジュラシック・ワールド』は、ついに完成した恐竜のテーマパークで、大勢の来場者を巻き込み阿鼻叫喚の騒動が起こるという物語を描いていた。それはまさに、シリーズのなかにあった、多くの観客が望んでいたような要素を拡大した、よりポップな「ジュラシック・パーク」だったといえよう。

 本作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は、前作で前代未聞のトラブルを発生させ、パークが打ち捨てられたイスラ・ヌブラル島で火山が大噴火を起こし、火山弾や溶岩流によって、島にいる恐竜たちが全滅の危機に陥る。

 前作のコリン・トレボロウから監督を引き継いだJ・A・バヨナ監督は、過去にスマトラ島沖地震をモチーフに、災害の恐怖と悲惨さを描いた『インポッシブル』を撮っているが、ここでもその演出力を活かし、恐竜と災害を組み合わせたスペクタクル映像で度肝を抜こうとする。その地獄のような光景は、ひと昔前の児童書などに描かれたような、6600万年前に巨大隕石によって恐竜が絶滅した光景を想起させる。そして、命が失われていく悲壮な場面では、胸を引き裂くような情動を引き起こそうとするのだ。

 恐竜たちは島の崩壊から逃げきることができるのか。ここまでの展開は、予告編でも紹介されていたシーンによって、ある程度は予想できたことだが、それは物語の前半までで、後半はまるでジャンルが違った映画になってしまう。本作は、ヒッチコックの『サイコ』がそうであるように、前半と後半がツートン・カラーで分かれる、変則的な作品となっていた。

 後半の展開をここで詳細に述べることはしないが、ダークなゴシックホラーの要素が用意されているということは言及しておきたい。なぜなら、ここで行われている、フランケンシュタインのような人造の化け物と少女との対比や、『吸血鬼ノスフェラトゥ』に代表されるような、吸血鬼映画における影の演出などの恐怖表現は、むしろスピルバーグ監督が好むような、映画史を参照する態度が示されているからだ。本シリーズを俯瞰して考える上で、このことは非常に重要である。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ