>  >  > 長瀬智也『空飛ぶタイヤ』で見せた大人の熱さ

長瀬智也、型破りなキャラクターのイメージを覆す 『空飛ぶタイヤ』で見せた“大人の熱さ”

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在公開中の映画『空飛ぶタイヤ』で主演を務めるTOKIOの長瀬智也の演技が、これまでの長瀬のパブリックイメージを保ちつつも、グッと“大人”に寄せた魅力として、とても良い味を出している。

 長瀬が演じるのは、トラックの脱輪事故による死亡事故を起こしてしまった運送業者社長・赤松徳郎。彼は、一度は若手整備士を疑ってしまったものの、しっかりとした仕事ぶりを目の当たりにし「自分たちには非がない」という信念のもと、事実究明に奔走する。しかし赤松の前には大企業の圧力や見えない力が立ちはだかり、どんどんと窮地に追いやられてしまうーー。

 大企業VS中小企業という構図、そして中小企業の熱血社長が、窮地に立たされながらも自分たちの信じる正義のために熱い思いをたぎらせるという展開は、原作者・池井戸潤作品の得意技だ。そして、こうしたやや不器用ながらも人のよさとまっすぐな熱さで正義にまい進するという役柄は、これまでの長瀬が得意としてきたキャラクターと合致する。

 当然のことながら、多くの視聴者は、長瀬の持つ、実直で熱い、カタルシスが得られるような圧倒的な存在感を持った、正義感溢れる社長像を期待していたのかもしれないが、実際、長瀬が演じた赤松社長は、熱い思いはありつつも、できる限りそういった感情は内に秘め、押し殺すような演技をみせている。

 そこには、「自分たちに非がない」という信念に基づいて行動しているものの、死亡事故の加害者という立場であることを常に意識しているキャラクター造形なのだろう。これまでの爆発的な熱さを持つ役柄も、長瀬のはまり役であるが、本作の赤松社長のような、耐え忍ぶ“大人の熱さ”というのも、実に見どころがある。特に悲しみと怒りに苦悩する渋い表情がワンショットで映される場面は、単純に感情を爆発させるよりも、圧倒的な存在感と迫力が伝わってくる。

      

「長瀬智也、型破りなキャラクターのイメージを覆す 『空飛ぶタイヤ』で見せた“大人の熱さ”」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版