>  >  > 『コンフィデンスマンJP』山田孝之に反響

山田孝之の登場に「仕事を選んだほうがいい」 『コンフィデンスマンJP』キャスト全員が迷走?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月7日に放送された『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)第5話のタイトルは「スーパードクター編」。ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)たち信用詐欺師の3人が、野々宮総合病院理事長・野々宮ナンシー(かたせ梨乃)を騙すために闘いを挑む一方で、先週から発表されていた山田孝之の登場シーンが反響を呼んだ。

 虫垂炎になったリチャードの手術を担当した野々宮総合病院の外科医・田淵安晴(正名僕蔵)は、医療ミスを犯したとして病院をクビになってしまう。彼は優秀な医師であったが、薄給に耐えかね他の病院に移ろうとしたところ、ナンシーの逆鱗に触れ、犯してもいないミスをでっち上げられたのだ。それを知ったダー子らは、このナンシーを次のターゲットとする。

 田淵の後任探しであたふたする病院に、ボクちゃんが医師に扮し潜り込む。「ボストンの名医の指導を受けた」というありもしない肩書きを持つ彼だが、もちろんオペなどできはしない。そこで彼は朝のラッシュで腕を怪我したと嘘をつき、さらにはナンシーが大病に侵されていると嘘を重ねる。茶髪のあからさまなカツラといい、ニヤけた表情といい、名医ではなく迷医である。

 白衣姿の東出と言えば、昨年WOWOWプライムにて放送され、後に劇場公開もされた『予兆 散歩する侵略者』でのあの佇まいが記憶に新しい。彼が神父に扮した『散歩する侵略者』のアナザーストーリーであるこの作品では、“新任外科医に扮した、地球外からやってきた侵略者”という奇異な役どころを見事に演じ上げた。侵略者というだけあって、当然彼の目的は地球の侵略であり、その抜群のスタイルの良さも相まって、内に闇を抱えたようなトリッキーな東出の芝居には、文字通りに目が釘付けになったものであった。

 そんな東出が今回演じたのが、“天才外科医に扮した詐欺師”ということに注目したい。これまたコミカルでトリッキーな芝居の連続で、“侵略者”のときとはもちろん違えど、やはりどこか浮世離れしたキャラクターにしっかりとハマる。とどまるところを知らない東出の進化の片鱗が、こういったところに垣間見えるのだ。

      
レビューする

【投稿前の注意事項】

・投稿していただいたレビューは全て編集部で確認させていただき、承認させていただいたもののみを掲載させていただきます。

・Real Soundの編集ポリシーにもとづき、投稿していただいたレビューに編集が加わる場合がございます。

※投稿していただいたレビューは全て上記に同意していただいたものとみなします。

※メールアドレスは表示されません。

「山田孝之の登場に「仕事を選んだほうがいい」 『コンフィデンスマンJP』キャスト全員が迷走?」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版