>  >  > 『ブラックペアン』二宮和也ドS演技の魅力

低い声で悪魔のような言葉を 『ブラックペアン』二宮和也、見るものを虜にするドS演技の魅力

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バラエティー番組を見ていると、二宮はズバッと意見を言ったり、皮肉を言ったりすることも多い。だが、演技においてはこれまで渡海ほどのドSキャラはほとんどなかった。だからこそギャップを感じ、二宮演じる渡海が魅力的に見えるのではないだろうか。

 『ブラックペアン』は“医療あるある”もふんだんに盛り込まれており、視聴率も評判も上々だ。多くの人の目に触れることで、二宮の「ドS演技」が定着するきっかけとなるだろうか。毎週日曜夜9時を待ち遠しくしている筆者は、既に二宮のドS演技の虜になっているのかもしれない。

(文=高橋梓)

■放送情報
日曜劇場『ブラックペアン』
TBS系にて、毎週日曜 21:00~21:54放送
原作:海堂尊『新装版 ブラックペアン1988』(講談社文庫)
脚本:丑尾健太郎
プロデューサー:伊與田英徳、川嶋龍太郎、峠田浩
演出:福澤克雄、田中健太、渡瀬暁彦
出演:二宮和也、竹内涼真、葵わかな、倍賞美津子、加藤綾子、加藤浩次、市川猿之助、小泉孝太郎、内野聖陽
製作著作:TBS
(c)TBS
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/blackpean_tbs/

      

「低い声で悪魔のような言葉を 『ブラックペアン』二宮和也、見るものを虜にするドS演技の魅力」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版