>  >  > 『ドルメンX』志尊淳らが明かす撮影の裏側

ダンスレッスンは電車通い!? 『劇場版 ドルメンX』志尊淳らが撮影の裏側明かす

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月21日に映画『劇場版 ドルメンX』の舞台挨拶が、島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭にて行われ、志尊淳、浅香航大、小越勇輝、玉城ティナ、堀井新太、徳井義実(チュートリアル)、くっきー(野性爆弾)、小室直子監督が登壇した。

 本作は、全4話の深夜ドラマ『ドルメンX』に、15年後の物語が加わった完全版。地球を征服するためにやってきた“隊長”をはじめとした5人の宇宙人が、アイドル“ドルメンX”として活動し、奮闘していく姿を描く。

志尊淳

 「ハローピーポーエブリバディ~!!!」という隊長役の志尊の張り切った挨拶から始まった舞台挨拶は、まさかのマイクがオフだったというハプニングがあり、序盤から会場のファンたちは大笑い。

玉城ティナ

 また、ヨイ役の玉城ティナが「現場の空気そのままの舞台挨拶を楽しんでください」と挨拶を述べた後、「なんてかわいいんだ」と志尊がポツリ。この流れは、作中にある心の声が漏れてしまうという隊長のキャラを再現したフリだったのだが、イチイ役の浅香航大はそれに気付かず、一歩遅れて「隊長、心の声が漏れてます」とツッコミを入れることに。しかし「遅い遅い」とキャスト陣から逆ツッコみを受けていた。

 終始和やかな雰囲気で進められた舞台挨拶だったが、撮影中も変わらず仲が良いままだったそう。ドルメンXのダンス練習は朝から晩までみっちり行われたそうなのだが、堀井は「夜遅くなるから満員電車でみんなで帰るんですけど、その後メシ食って、帰って、熱い風呂に入るっていうのが部活感覚というか。明日もまた練習するのが楽しみになるのが3人特有だなと思います」とドルメンの絆を明かしていた。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

(取材・文・写真=阿部桜子)

■公開情報
『劇場版 ドルメンX』
6月15日(金)より全国公開
出演:志尊淳、浅香航大、小越勇輝、玉城ティナ、桐山漣、堀井新太、白洲迅、青木さやか、ほんこん、MAG!C☆PRINCE、横山由依(AKB48)、徳井義実(チュートリアル)
原作:高木ユーナ『ドルメンX』(小学館『ビッグコミックス』刊)
監督:小室直子
企画・演出:藤森真実
脚本:樫田正剛
音楽:牧戸太郎
振り付け:夏まゆみ
音楽プロデューサー:くっきー(野性爆弾)
主題歌:ドルメンX「参上!!ドルメンX」
劇中歌:ドルメンX「ナミダまで心臓(ハート)」
配給:KATSU-do
(c)高木ユーナ/小学館 (c)2018「劇場版 ドルメンX」製作委員会
公式サイト:http://dolmenx_movie.official-movie.com/

「ダンスレッスンは電車通い!? 『劇場版 ドルメンX』志尊淳らが撮影の裏側明かす」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版