>  >  > 『アンナチュラル』が切り取る社会問題

『アンナチュラル』が切り取る社会問題 “SNSと自殺”をめぐる事件の悲しい結末

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『アンナチュラル』(TBS系)の第2話で、三澄ミコト(石原さとみ)らUDIメンバーが向かったのは集団練炭自殺の現場。当初は「自殺志願者 交流サイト」を通じて知り合った4人による心中と判断するも、ミコトたちの捜査と、警察が突き止めたサイト管理者の「掲示板にやばいネカマが来ていて」との証言により、ユキと名乗る男・大沼悟にたどり着く。

 4人のうち3人の死因は練炭による一酸化炭素中毒で、ひとりの少女の死因は“凍死”であることが判明してからの捜査の流れが、とくに面白く描かれていた。胃の内容物から、少女が最後に食したものを特定し、髪に付着した塩から成分濃度の高い温泉にたどり着く。また、中堂系(井浦新)が茂山市蝶塚から車で18分の範囲内で「硝酸性窒素20mg」「亜硝酸性窒素1.5以上」「PH6.8」「総アルカリ度20」「総硬度120」を手がかりに、ミコトたちの居場所を特定した展開も見事だった。このような専門用語が出てくる点も、視聴者の興味をそそるような面白さのひとつである。


 加えて、第1話に続き、第2話でもそれぞれの登場人物のキャラクターや、関係性の描き方に惹かれる場面が多かった。

 ミコトは幼い頃に新しい家族に引き取られ、一緒に暮らしていたことが明らかになっている。だが、第1話から、ミコトと母・三澄夏代(薬師丸ひろ子)の2人のやり取りには、「仲の良い親子で羨ましい」との声も上がっていた。それでも、ミコトに対しての夏代の振る舞いが、テンションが高すぎるようにも見え、違和感も伴っていたように感じる。第1話での乾杯のシーンと、第2話で夏代の法律事務所を訪れたミコトを出迎える際も、夏代は「イエーイ」と笑顔を振り撒ける。“明るく元気な母親”に見える面もあるが、彼女がミコトに対して向ける眼差しは、幼い頃の不安を抱えている娘の気持ちを常に持ち上げていこうと、見守っているようにも感じる。 

 ミコトと東海林夕子(市川実日子)の気の合う同僚感も見ていて微笑ましい。東海林が冗談で「彼氏と別れたりして〜」と言うと、ミコトはちょっとうつむき顔になり、それに対して東海林が「嘘! なんで!」と返す。そのやり取りからは、2人がストレートに深入りした質問を投げかけられる間柄であることが分かる。中堂からイラッとする言葉を言われた時の、東海林の苛立ちを抑えるミコトの仕草や、会議中に関係ない話で笑い声を響かせる2人、そして2人が久部六郎(窪田)をからかってるようで可愛がっている様子。“7K”(危険、汚い、きつい…)と呼ばれる仕事意外の面では、彼女たちが、同年代の一般的な普通の女性となんら変わらないことを示しているように感じた。

      
みんなのレビュー

沢口靖子は忙しいのよ、が面白かった。『刑事ゆがみ』の時もだけど、そうやって他局のドラマをいじるネタも定番になりつつあるのかも。

たまたま、出張先で見ましたが(普段はTV見ない)、たった一話で論文と家族構成読めたんで、上手いし安いとみます。

レビューする

【投稿前の注意事項】

・投稿していただいたレビューは全て編集部で確認させていただき、承認させていただいたもののみを掲載させていただきます。

・Real Soundの編集ポリシーにもとづき、投稿していただいたレビューに編集が加わる場合がございます。

※投稿していただいたレビューは全て上記に同意していただいたものとみなします。

※メールアドレスは表示されません。

「『アンナチュラル』が切り取る社会問題 “SNSと自殺”をめぐる事件の悲しい結末」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版