>  >  > 『コウノドリ』松岡茉優が選んだ道

松岡茉優、『コウノドリ』で訪れた転機ーー産婦人科から救命科へ、命に向き合った決断

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 救命にて挨拶する下屋は、仙道から1年で産科に戻ることを予告される。一方、産科には患者として病院に通っていた倉崎恵美(松本若菜)が、医師として復帰。ラストでは、突然小松(吉田羊)がお腹を押さえ倒れ込んでしまう。新たな体制と波乱を含みながら、『コウノドリ』は、シーズン2の終盤へ突入する。Uruが歌う主題歌「奇蹟」の歌詞にも綴られている、次々と起こる“輝ける奇蹟“を目の当たりにしていくだろう。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■渡辺彰浩
1988年生まれ。ライター/編集。2017年1月より、リアルサウンド編集部を経て独立。パンが好き。Twitter

■放送情報
金曜ドラマ『コウノドリ』
TBS系にて毎週(金)22:00〜放送
原作:鈴ノ木ユウ「コウノドリ」(講談社「モーニング」連載中)
出演:綾野剛、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋 ほか
プロデューサー:那須田淳、峠田浩
製作著作:TBS
(c)TBS
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/kounodori/

      

「松岡茉優、『コウノドリ』で訪れた転機ーー産婦人科から救命科へ、命に向き合った決断」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版