>  > 『HiGH&LOW 2』脚本家インタビュー

『HiGH&LOW THE MOVIE 2』脚本家・平沼紀久が語る、“ユニバース化”する物語世界とその作り方

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャラクターたちも、次にステップアップする時期は絶対に出てくる

ーー『HiGH&LOW』の舞台設定は、昔ながらの商店街という趣きの「山王街」のわりと近くに「無名街」という無国籍風スラムがある、独特の世界観ですよね。

平沼:はい、ここはかなりぶっ飛んだイメージで作っていて、無名街は何かしら理由があって来た人たちが集う場所で、以前の自分を消し去ることから名前を失くしている者や、自分の名前すら知らずにここに捨てられた者がいる街。僕の中では『HUNTER✕HUNTER』に出てくる流星街が頭の中にあったんだと思います。そこに「スモーキーマウンテン(※フィリピンにあるスラム街)」のイメージもあって。

ーー「無名街」を守るリーダーのスモーキーの名前の由来はそこからなんですか?

平沼:それもありますし、スモーキーも元々名前がなく、この地で付けられた名前なので、ヘビースモーカーで身体を悪くした…とか、色々なイメージがあり『スモーキー』になりました。なのでHIROさんのイメージの中ではスラムやギャング、HIPHOPの世界で、そのスラムを僕が誇張していくというか。

ーーなるほど。『HiGH&LOW』のHIPHOP的かつ少年漫画風の世界観はそのようなやりとりから生まれたのですね。例えば、キャラクターの職業は、バイクが出てくるからコブラの家はガソリンスタンド、ヤマトの家はガレージで、皆が集まれる場所があったほうが良いから「ITOKAN(山王連合会の集まる溜まり場)」が……、というように肉付けされたということでしょうか。

平沼:そうですね。それが近いです。

ーーテッツの家が銭湯というのは?

平沼:さびれた街の商店街をイメージした時に銭湯がすぐに出てきて、さらに裸出したかったんですよ。「裸が出ると女の子たち(のテンションが)アガるよね」と(笑)。

ーー女性受けも視野にいれていると。

平沼:狙ってますよ! 観てる人にどう楽しんでもらうかばっかり考えてますよ(笑)。

ーーちなみに、琥珀の職業は何になるのでしょうか。

平沼:トラブルシューターです。街に何かあった時に「トラブっちゃったんです、琥珀さん」「どいつとだよ?」みたいな感じで。多分それは琥珀でしか解決できないようなことが多いんですよ。

ーーでは琥珀を慕う九十九もそこについていくというような。

平沼:そうですね。リアルな方向になっていってしまうと放送できないものになってしまうじゃないですか。例えば「金融業をやってる」とかになってしまうと、また違うジャンルの話になりますし。

ーー『闇金ウシジマくん』や『実話ナックルズ』のような方向性に……。

平沼:なりますし、「White Rascals」も繁華街のスカウトなんですけど、『新宿スワン』的じゃないスカウトの話をどうやるかっていうことを考えて作っています。

ーー「女性を守る」というポリシーを貫くスカウトという存在ですね。

平沼:「『HiGH&LOW』でのスカウトならこうだよね」とか、リアルとファンタジーをうまく組み合わせて、リアルを軸にテーマを伝えやすく、楽しんでもらうためのファンタジーを加えていく感じですかね。

ーー世界観が基準になってるんですね。

平沼:そうなんです。「『HiGH&LOW』だったらこう」ということを作りながら考えていくんですね。よく「(HiGH&LOW』の世界には)警察があまり出てこない」とか言われたりするんですけど。

ーー現状、西郷刑事以外はほぼ出てきていないですね。

平沼:でも本当に警察が出て来たらもっと掘り下げないといけなくなるところがいっぱい出てくるじゃないですか。「それは『HiGH&LOW』的に面白いのかな?」と思うんです。だから今は子供たち中心の「青春」というか、卒業するまではこの感じでやっていきたいんです。

ーーその「卒業する」というのは具体的には?

平沼:これはEXILEの言葉でもあるんですけど、「永遠はない」というテーマがあって。

ーー永遠に続くものはないからこそ、EXILE TRIBEは新陳代謝をおこなっていかなければならないという話は、HIROさんの自伝『ビビリ』にもありますね。

平沼:でも琥珀は(『HiGH&LOW THE MOVIE 1』で)そこに引っかかっていた。例えば結婚して子供が生まれたら、それ以前と同じように飲みにいけない、そうすると「少ない時間の中で楽しく高揚する飲み方」だって変わってくる。人は変化しなければならないというのは、HIROさんも僕も同じように思っていたことなので、自然とセリフにも反映されていきました。だから『HiGH&LOW』のキャラクターたちも、次にステップアップする時期は絶対に出てくるので、その時に新たなものが生まれてくると思うんです。コブラにも新たなところで挑戦して、そこにまた新たな敵が出てくる。その時には多分警察とかも出てくるとは思うんですよね。

「『HiGH&LOW THE MOVIE 2』脚本家・平沼紀久が語る、“ユニバース化”する物語世界とその作り方」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版