>  > 亀梨和也、“アイドル性を封印”した演技

KAT-TUN亀梨和也、“アイドル性”封印して新たなステップへーー『美しい星』ストーリーを彩る演技

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 亀梨にとっては2013年の『俺俺』に引き続き、純文学原作への出演となった『美しい星』。演じる役との共通点がありつつも、持ち前のアイドル性を封印し、ストーリーの彩りに徹したことは亀梨にとって“俳優”としての次なるステップにつながっていると言えよう。テレビドラマに映画と、精力的に活動する亀梨の今後の飛躍にも期待したい。

(文=高橋梓)

■公開情報
『美しい星』
TOHOシネマズ 日本橋ほかにて公開中
出演:リリー・フランキー、亀梨和也、橋本愛、中嶋朋子、佐々木蔵之介
監督:吉田大八
原作:三島由紀夫「美しい星」(新潮文庫刊)
脚本:吉田大八、甲斐聖太郎
音楽:渡邊琢磨
製作:「美しい星」製作委員会
助成:文化庁文化芸術振興費補助金
企画・制作プロダクション:リクリ
企画・製作幹事・配給:ギャガ
(c)2017「美しい星」製作委員会
公式サイト:gaga.ne.jp/hoshi/

      

「KAT-TUN亀梨和也、“アイドル性”封印して新たなステップへーー『美しい星』ストーリーを彩る演技」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版