山崎賢人、キラキラ男子から三枚目男子へ 『一週間フレンズ。』で見つけた本当の個性

山崎賢人、キラキラ男子から三枚目男子へ 『一週間フレンズ。』で見つけた本当の個性

 そして昨年秋に公開された、こちらもコミックが原作の『四月は君の嘘』で、変化の兆しが。天賦の才能を持ちながら、トラウマに苦しめられるピアニストの青年を演じて見せた“弱さ”。『orange』でのキャラクターも弱さを打ち出していたものの、まだ小さな枠内に留まっている節があった。しかし『四月は君の嘘』でのそれは、何かが違った。

 普段の自分は、必ずしもカッコいい山崎賢人である必要はないのだと、素を見せ始めたことが、役者業にもプラスに働いたのではないか。そう思わせる、変化があった。このタイミングで訪れた、三枚目キャラのうえに成り立つ長谷は、ついに出会った本当の山崎の個性を生かせる役だった。

 殻を破ったことにより、長谷としての山崎には、香織を見つめる瞳に始まり、手を振るしぐさひとつにも、“柔らかさ”が加わった。今年もすでに大注目の『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』や、福田雄一が監督する『斉木楠雄のΨ難』、青春ミステリー『氷菓』と、やはり原作ものが続々公開予定の山崎だが、今後の山崎賢人は一味違う。『一週間フレンズ、』での柔らかさは、そう思わせるのに十分だ。

■望月ふみ
70年代生まれのライター。ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画系を軸にエンタメネタを執筆している。親類縁者で唯一の映画好きとして育った突然変異。

■公開情報
『一週間フレンズ。』
全国公開中
監督:村上正典
脚本:泉澤陽子
原作:葉月抹茶『一週間フレンズ。』(ガンガンコミックスJOKER/スクウェア・エニックス刊)
主演:川口春奈、山崎賢人、松尾太陽、上杉柊平、高橋春織、古畑星夏、伊藤沙莉、甲本雅裕、国生さゆり、岡田圭右(ますだおかだ)、岩瀬亮、戸次重幸
配給:松竹株式会社
(c)2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会
公式サイト:ichifure.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる