滝沢秀明、涙で演じた“男の嫉妬”ーー『せいせいするほど、愛してる』でどこまで堕ちる?

 それでも気持ちが収まらなかったと見えて、三好は後日、久野とともにバーで酒を飲み、らしくないほど泥酔してしまう。だが、久野はこれがチャンスとばかりに未亜を呼び、彼の介抱を任せる。そして、ふたりきりでようやく目が覚めた三好は、未亜に対して改めて、「こんな俺でもいいなら、俺のそばにいてくれないか。誰よりも栗原が好きだ」と告白し、再び結ばれたのだった。

 今回は丸一話を通して、三好の嫉妬ぶりと女々しさが丁寧に描かれていたのだが、それは物語が加速してきたことの何よりの証拠だろう。実際に滝沢本人も、演技に力が入ってきているのを感じる。今後、どこまでふたりはドロドロの恋愛劇へと堕ちていくのか。ジャニーズアイドルのイメージを覆す、ギリギリの表現で攻めてほしいものである。

(文=松下博夫)

■番組情報
『せいせいするほど、愛してる』(TBS系)
毎週火曜日10時〜
出演:武井咲、滝沢秀明、水沢エレナ、トリンドル玲奈ほか
原作:北川みゆき
脚本:李正美、渡邉真子、井上聖司
演出:石井康晴、池田克彦、岡本伸吾
プロデューサー:伊與田英徳
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/seiseisuruhodo_love/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる