>  >  > 月9で話題の女装男子、高田彪我って何者!?

“女装男子”高田彪我とは何者なのか? 『5→9~私に恋したお坊さん~』の注目出演者を分析

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「月9に出ているあの可愛い女子高生は誰?」、「えっ!男の子だったの?」と注目を集めている中学生をご存知だろうか?フジテレビ『5→9~私に恋したお坊さん~』にて、ヒロインである桜庭潤子(石原さとみ)に恋をする可愛らしい女子高生(?)里中由希役を演じてる高田彪我(たかだひょうが)という男の子だ。彼がドラマ内で披露している女子高生姿が、あまりにも似合いすぎていると話題を呼び、本日11月9日のYahoo検索ワード(人物)ランキングでも上位に上がってきている。

 ここ数年、TVのバラエティ番組では、マツコデラックスをはじめとする女装家が活躍し、2014年公開の映画『海月姫』では、俳優・菅田将暉が女装姿を披露したほか、巷では「女装カフェ」なるものが盛況となるなど、「女装」が文化としてポピュラーになりつつあることが伺える。そして今回、国民的ドラマ枠である月9のレギュラーキャストとして、”女装男子”である高田彪我がついに起用された形だ。本稿では、いま注目を浴びている高田彪我がどんな役者なのか、ドラマの演技や過去の情報をもとに掘り下げていきたい。

 11月2日に放送された第4話では、自分が男性であることを桜庭潤子(石原さとみ)にカミングアウトした里中由希。ホテルの一室へと桜庭を誘い出し、そこで里中が上半身をあらわにするという大胆な演出には、視聴者も驚いたのではないだろうか。それとあわせる形で、里中由希役のキャスト発表が公式で行われ、いまの高田彪我フィーバーに火がついたのだ。そのフェミニンなビジュアル面に目を取られがちだが、高田から発せられる女子らしさにも注目していただきたい。本人曰く、電車や街中にいるリアル女子高生の動きを観察したり、1話目では共演の石原さとみに教えてもらった女の子らしいポーズを演技に取り入れたという。ドラマ初挑戦にも関わらず、女と男の顔を演じ分ける難しい役どころのためか、演技に対しては厳しい意見もあるものの、努力して身に付けたであろう女性としての立ち振る舞いだけでも評価に価するのではないだろうか。

      

「“女装男子”高田彪我とは何者なのか? 『5→9~私に恋したお坊さん~』の注目出演者を分析」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版