京本大我、松村北斗、髙地優吾……個人活動の成果は海外でも SixTONESでの進出も近づく?

 SixTONESの京本大我が、主演映画『言えない秘密』が出品された『第26回 上海国際映画祭』のレッドカーペットに登壇した。

 その後行われたアジアプレミア上映の舞台挨拶で、「ライブとかでもまた来れるように頑張りたいです!」と宣言し、現地のファンを沸かせていた京本。実はSixTONESは、デビュー前からグループのオリジナル曲「JAPONICA STYLE」のEnglish Ver.を公開していたりと、海外展開を視野に入れて活動を行ってきた。そして、近年のメンバーたちの海外での活躍っぷりを見ていると、着実にその夢に近づいているように感じる。

 まず、SixTONES×海外でいちばんに思い出されるのは、2019年にジャカルタで開催予定だったイベント『YouTube FanFest』だ。同イベントは6人にとって初の海外公演になるはずだったが、情勢の関係もあり延期。最終的にはVTR出演に変更となり、メンバーたちもグループの公式Instagramに英語で「初めての海外ショーということだけでなく、インドネシアのファンと会えるのを楽しみにしていました」ともどかしさを綴っていた。

 その後はコロナ禍などもあり、日本での活動がメインとなっていたが、6人はさまざまな場所で海外公演への熱意を語っていた。たとえば、昨年10月に放送されたラジオ番組『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』(ニッポン放送)では、ラスベガスに超巨大スクリーンを持つコンサート会場・スフィアができたことを受け、「いずれ絶対にやりたいね」(京本)、「海外公演として視野に入れておきたい!」(田中樹)と会話を交わす場面もあった。

 まだグループとしての海外公演はまだ達成できていないが、京本のほかにも、俳優業で海外でファンを増やしているメンバーがいるのも心強い。松村北斗は、世界各国で上映された新海誠監督作品の映画『すずめの戸締まり』(2022年)でメインキャラクターの声を担当したこともあり、海外でも知名度を上げている。今年2月にドイツで開催され、映画『夜明けのすべて』(2024年)が出品された『第74回ベルリン国際映画祭』では、レッドカーペットを歩き、現地のファンから大歓迎を受けていたこともあった。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる