LE SSERAFIMメンバー分析第3回:KAZUHA、バレエの実力がダンスの武器に K-POP界に巻き起こす新しい風

 2022年8月9日にデビュー100日目を迎え、公式ファンクラブ名「FEARNOT」の発表など、デビュー曲の活動を終えた今も話題を集め続けているLE SSERAFIM。メンバー分析第3回となる今回は、日韓で人気上昇中の日本人メンバー KAZUHAをとりあげる。

欧州の名門校で学び、国内外で認められたバレエの技術

 KAZUHAは、世界レベルの技術を持つバレエに裏打ちされた、軽やかで細部まで美しいダンスが持ち味のメンバーだ。これまでのK-POPダンサーとは一味違う、優雅さを兼ね備えたKAZUHAならではのダンスに魅了され、彼女のファンとなった人も多いのではないだろうか。

LE SSERAFIM “KAZUHA”

 高知県に生まれ、大阪府で育った19歳のKAZUHAは、3歳からバレエ教室に通い始めた。クラシックバレエとコンテンポラリーダンスを習い、数々のコンクールで好成績をおさめ、バレエの世界で頭角を現すようになった。そんなKAZUHAは、ロシアのボリショイバレエアカデミーやイギリスのロイヤルバレエスクールといった名門校での研修も経験。高校生になるとオランダに留学し、国際的に活躍するダンサーを数多く輩出してきたオランダ国立バレエアカデミーで学んだ。

 順調にバレエダンサーへの道を進んでいたKAZUHAだが、オランダ留学中のコロナ禍に転機が訪れる。レッスンが減り、家で過ごす時間が増えたことで、「人生の中で本当にやりたいことはバレエなのだろうか」と将来の進路について改めて考えるようになり、新たな分野への挑戦も視野に入れ始めたという(※1)。

 BLACKPINKをきっかけとしてK-POPに憧れを持っていたKAZUHAは、コロナ禍で多くのオーディションがオンライン開催になったことに背中を押され、BTSの「Dynamite」を踊った映像とバレエの映像でオーディションに参加。2021年9月に見事合格を勝ち取り、「人生最大の挑戦」と覚悟を決めてK-POPの世界に飛び込んだ。合格後は2022年1月に韓国に渡るまで、オランダに駆けつけた講師のもとでダンスや歌のレッスンを重ね(※2)、2022年5月にLE SSERAFIMのメンバーとしてデビュー。オーディション合格からデビューまで約8カ月と、まさに「即戦力」としてデビューを果たした人物だ。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる