葛葉、叶、Rain Drops、月ノ美兎……音楽シーンで存在感を高める「にじさんじ」アーティストの現在

 VTuber/バーチャルライバーグループ「にじさんじ」に所属する月ノ美兎をはじめ、RainDropsや葛葉、叶など、この1~2年でアーティストとしてメジャーデビューする事例が続いている。「にじさんじ」は、多種多様なインフルエンサー100名以上が所属するVTuber/バーチャルライバー界の一大勢力。フリートークやゲーム実況といった配信コンテンツは様々で、なかでも歌唱動画は人気コンテンツの一つだ。「にじさんじ」所属ライバーたちが参加したオリジナルフルアルバム『SMASH The PAINT!!』(2020年3月18日発売)は、オリコン週間アルバムランキング7位(2020年03月30日付)。カバーアルバム『Prismatic Colors』(2020年10月28日発売)は、オリコンデイリーアルバムランキング1位(2020年10月27日付)を獲得するなど、音楽シーンでも注目を集めている。

 緑仙、三枝明那、童田明治、鈴木勝、える、ジョー・力一によるボーカルに特化したライバーユニット・Rain Dropsは、ミニアルバム『シナスタジア』(2020年5月13日)で<ユニバーサル ミュージック>よりメジャーデビュー。男性、中性、女性の6名で構成され、少女からピエロまで年齢もキャラもバラバラという、ライバーだからこそ結集できるユニットの魅力を発揮している。『シナスタジア』リード曲「VOLTAGE」は、彼らの始まりを意識したエモーショナルな歌詞を、6人の特徴的なボーカルで表現。その絶妙なハーモニーを聴いただけでテンションが最高潮に上がる、ハイボルテージな一曲となっている。また、Ado「うっせぇわ」も手掛けたsyudouが作詞・作曲・編曲した「蜜ノ味」は、Rain Dropsのダークな一面を引き出した。また、2ndミニアルバム『オントロジー』(2020年11月25日)のタイトル曲では、走り抜けるような疾走感が心地い仕上がりに。そのほか、6人のボーカルワークが堪能できるバラード曲「雨言葉」など、6人だからこそできる幅の広い楽曲に挑戦し続けている。童田明治が「にじさんじ」脱退に伴い、4月にグループを卒業したが、シンガー特化型のグループとして今後もバーチャル分野の音楽シーンを活性化していくだろう。

 月ノ美兎は、1stシングル『それゆけ!学級委員長』(2020年10月7日)で<ソニーミュージック>からメジャーデビュー。見た目は清楚な学級委員長キャラだが中身は超サブカル女子高生というキャラを持つ人気ライバー。3Dモデルの動画収録が一般的だった当時のVTuber界において、Live2Dモデルでライブ配信を行う革命を起こし、それ以降のVTuber増加のきっかけにもなったと言われている。「それゆけ!学級委員長」は、月ノが以前からファンと公言しているササキトモコが作詞作曲を担当。彼女の活動や人となりが詰め込まれた歌詞を、地声をそのまま活かしたボーカルで表現した痛快な楽曲だ。1stアルバム『月の兎はヴァーチュアルの夢をみる』(2021年8月11日発売)は、収録曲それぞれの方向性が異なるエレクトロポップのコンピレーションアルバムのような印象で、リード曲「ウラノミト」では叙情的な旋律と歌声を披露。アイドル性もありながら、ウィスパーボイスを駆使した大人テイストの楽曲に魅了されたファンも少なくないはずだ。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる