BTS JUNG KOOKがVに続いてフォロワー数3000万人突破 個人Instagramに見える7人のカラー

 BTSのJUNG KOOKのInstagramアカウントが、1月17日にフォロワー数3000万人を突破した。BTSのメンバーで3000万人を超えたのはVに続いて2人目となる。12月6日に開設されたBTSの個人インスタアカウント。他のメンバーもJIMINが約2817万人、J-HOPEが約2706万人、JINが約2693万人、RMが約2659万人、SUGAが約2648万人と、いずれも2600万人超のフォロワー数(2022年1月20日現在)を誇り、今も右肩上がりに増え続けている。改めてその人気ぶりに圧倒される数字だ。

 これまでもTwitter、YouTube、V LIVE、Weverseなどを駆使して、様々なコンテンツでファンを喜ばせてきた7人。Instagramでは一体どんな個性を感じることができるのか、その魅力を探っていきたい。

 まずは今回3000万人を突破したJUNG KOOKから。誰もが最初に「?」と首をかしげたくなるのが、ID(@abcdefghi__lmnopqrstuvwxyz)ではないだろうか。これはアルファベット順に並んだ文字の「__」とふせられた部分こそが、JUNG KOOKの「JK」という粋な仕掛けになっている。IDひとつにも感性とこだわりを感じることができるのは、個人アカウントの魅力だ。

 開設当初は公式らしい画像を投稿しているように感じられたJUNG KOOKのアカウントだが、12月31日に朝焼けと思われる景色をバックに、新年に向けての挨拶とARMY(ファン)への愛を語るメッセージをアップしてから、グッとプライベート感溢れる投稿へと変化。犬たちと戯れたり、ボクシングのスパーリングに汗を流したりと、充実した長期休暇を過ごしたことが窺える。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jungkook(@abcdefghi__lmnopqrstuvwxyz)がシェアした投稿

 さらに嬉しいのは、その投稿にメンバーからのコメントがつくこと。「難しい」とつぶやきながらも確実に上達しているボクシングの映像をアップしたJUNG KOOKにVが「上手だね」と書き込むと「感謝感謝」と嬉しそうに返信。またRMが「JUNG KOOK、とりあえず私が悪かった…」と降参発言のようなコメントをすると、JUNG KOOKも「え?」と笑いながらリアクションを返す。さらにJ-HOPEはその素早い動きを褒めるように「タッタッドドドドタンタンドゥクドゥクドゥクドゥクタッ」と擬音語をつけてJUNG KOOKを喜ばせた。なんでも器用にこなし、さらに努力も忘れない“黄金マンネ(末っ子)“の異名を持つJUNG KOOK。その成長ぶりを誇りに思ったり、驚かされたり……ライトなコミュニケーションから年上メンバーたちの心境が伝わってくるようだ。

 続いて、いち早く3000万人を突破したVのアカウント(@thv)は、メンバーの中で最もバリエーション豊かな投稿と言えるのではないだろうか。芸術的な写真から、プライベートな表情をそのまま収めた動画、そしてあるときはビング・クロスビーの歌唱シーンやドラマ『エミリー、パリへ行く』(Netflix)でアシュリー・パークが「Dynamite」を披露した場面なども投稿。Vのその瞬間感じたままの“好き”を共有できるような空間になっている。もちろん、ときには自分自身が歌うところも垣間見せてくれる。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

V(@thv)がシェアした投稿

 1月8日に投稿された動画では、ブルーノ・メジャーの「Tapestry」をバックに、まさに休日の顔といったリラックスした様子を届けてくれた。「どれだけ寝ても疲れる日」と添えられた言葉にも親近感が湧く。今やグローバルスターとなったBTSもまた人間であること、そして納得のいくパフォーマンスをするためにもしっかりと休暇を取ることの大切さを思い出させてくれるようなこの動画は2450万回再生(1月20日現在)と、世界中の人の心に届いたようだ。

 VとJUNG KOOKに続いて、3000万人に届きそうなJIMINのアカウント(@j.m)は、まだ両手に収まるほどの控えめな投稿回数だ。12月22日にはJ-HOPEから「僕たちに送った写真をアップロードしないとじゃん」と泣き笑いの顔文字を添えて催促されてしまったことも。JIMINも「ちょっとずつ上げていきます」と返していたところを見ると、そのマイペースさもまた楽しみのひとつと言えそうだ。キャラクターの隣で寝転んだり、雪の降る街で印象的な壁の前で撮影したりと、JIMINらしい時間の過ごし方を一緒に味わうことができる。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

JIMIN of BTS(@j.m)がシェアした投稿



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる