BTS V&JIN、韓国ドラマOSTで輝くソロとしての手腕 『その年、私たちは』『智異山』などを彩る楽曲たち

 近年、BTSのメンバーが、韓国ドラマのOST(Original Sound Track)に参加している。配信された曲は、iTunesのトップソングチャートで100カ国近い国で1位を記録しており、国内だけでなく世界から脚光を浴びるのはBTSならではだろう。本稿では、メンバーのVとJINがそれぞれ担当したOSTとドラマの相性や魅力について触れたい。

 現在、Netflix配信中の韓国ドラマでランキング上位の『その年、私たちは』。そこで流れるのは、Vの「Christmas Tree」だ。有名画家のチェ・ウン(チェ・ウシク)と広告会社に務めるクク・ヨンス(キム・ダミ)が高校時代に撮影したドキュメンタリーが10年後に人気再燃し、元恋人の二人が不本意な再会を果たして繰り広げられるロマンスドラマである。

 本作は、細かく演出された映像の美しさと丁寧に描かれるキャラクターや台詞が見どころ。ウンの職業が画家だけに、自宅や作業場のインテリアなど、お洒落なセットが目に入る。そこで、ウンが作業に入る時に決まってかけるレコードが「Christmas Tree」だ。アコースティックギターから始まるメロディに、そっと息を吹きかけるようにVの声が重なり、ウンの世界観を一瞬にして作りあげ、心地良い空間が生まれる。ドラマ後半から、ウンとヨンスの関係性のポイントとなる場面に流れ出す「Christmas Tree」は、幻想的な雰囲気にいつまでも浸っていたくなる効果をもたらす。Vのセンスの高さと繊細で穏やかな歌声は、物語をより一層深いものにしている。

「Christmas Tree」

 作詞・作曲、プロデュースをVが自ら手がけた「Sweet Night」は、2020年の大ヒットドラマとなった『梨泰院クラス』のOST曲。大手飲食企業“長家”に全てを奪われた主人公のパク・セロイ(パク・ソジュン)が、梨泰院の小さな居酒屋から飲食業界の韓国ナンバーワンに這い上がっていく復讐劇なのはご存知の方も多いだろう。

 「Sweet Night」には、居酒屋名“タンバム(甘い夜)”の意味が含まれ、毎晩苦い夜を過ごすセロイに、甘くて優しい夜が訪れるよう願いが込められている。歌詞には辛い過去を乗り越えていく過程が綴られながら、チョ・イソ(キム・ダミ)への揺れ動く気持ちが浮かぶ。低音から始まるVの深みのあるあたたかな歌声は、イソにはまだ言えないセロイの思いを乗せて、二人の距離をほんの少し近づける。甘い夜へと続く道標になるかのように。

「Sweet Night」

 楽曲の創作や俳優業までこなすVは、幅広い表現力で私たちを惹きつけ、深い余韻を残す。また、『その年、私たちは』のチェ・ウシク、『梨泰院クラス』のパク・ソジュとは、プライベートでも親交が深いことで知られており、Vの思い入れは特別だろう。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる