蔦谷好位置とYaffleのLEX、いしわたり淳治のマハラージャン……『関ジャム』恒例企画、例年以上に多く評価された新たな才能

 1月9日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)で、年始の恒例人気企画「プロが選ぶ年間マイベスト10曲」が発表された。過去にはブレイク前のあいみょん、King Gnu、Official髭男dism、milet などが紹介されたこともあり、一年を振り返るこの独自のランキングはネクストブレイクを占う意味でも注目されている好評企画だ。

 今年の選者は蔦谷好位置、いしわたり淳治とおなじみの2名に加え、昨年の選者3名が揃ってマイベストに挙げた藤井風などの楽曲アレンジを手掛ける気鋭のプロデューサー・Yaffleが参加。今週は10位から5位までのランキングが発表されたが、蔦谷が「2021年はめちゃくちゃ名曲が多かった」と語るだけあり、多彩なラインナップとなった。

<いしわたり淳治>
10位 マハラージャン「セーラ☆ムン太郎」
9位 YUKI「Baby, it’s you」
8位 セイレム・イリース「Coke & Mentos」
7位 あいみょん「愛を知るまでは」
6位 スピッツ「紫の夜を越えて」
5位 Vaundy「踊り子」

<Yaffle>
10位 新東京「Cynical City」
9位 gato「××(check,check)」
8位 Tina Moon「Chicken Street」
7位 VivaOla「My Moon(feat.ZIN)」
6位 KM「Stay(feat.LEX)」
5位 Kroi「Balmy  Life」

<蔦谷好位置>
10位 Kiki vivi lily「New Day(feat.Sweet William)」
9位 LEX「MUSIC」
8位 宗藤竜太「ライムライト」
7位 Doul「Bada Bing Bada Boom feat. Zag SO-SO REMIX」
6位 ちゃんみな「太陽」
5位 浦上想起「爆ぜる色彩」

マハラージャン / セーラ☆ムン太郎 [Maharajan/Sailor☆Mun-Taro] Official Music Video

 例年通り、いしわたりは歌詞の世界観を中心に着目した分析を見せた。蔦谷もリミックスに関わったマハラージャンのセンスについて「『そんなこと歌のテーマになるの?』というようなことを、ちゃんと歌詞として面白く成立できている」とコメント。

スピッツ / 紫の夜を越えて

 また昨年一番グッときたフレーズとして、スピッツ「紫の夜を越えて」の〈なぐさめで崩れるほどの ギリギリをくぐり抜けて〉というフレーズを挙げ、傷ついた側がなぐさめられた時の申し訳ない感情を、「『なんでこっち側から書かなかったんだろう?』って思ったんですよ」と作詞家ならではの着眼点から解説し、スタジオを唸らせた。

踊り子 / Vaundy:MUSIC VIDEO

 さらに昨年知名度を上げたVaundyについて「(これまでも)選ぼうかな、でも選ばない、みたいなところにずっといた。才能の塊なんだけど、すごくロジカルに制作している」と話すと、蔦谷も「すごい人出てきたなって思った。米津(玄師)くんともまた違う。なんでも出来る感じ」と絶賛した。

gato – ××(check,check) [Music Video]
Kroi – Balmy Life [Official Video]

 今回の企画初参加のYaffleは、「(関ジャムという)大番組で、この曲流したらいいんじゃないか、意味があるようなことになればいいなと思って選びました」というように、マニアックな選曲でスタジオに新たな発見をもたらした。gato「××(check,check)」やKroi「Balmy Life」など多種多様な要素をもつ音楽の緊張と緩和のある構成に言及。アレンジャーとして構成や音の編成が楽曲にどのような効果をもたらすかを解説した。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる