Sexy Zone、誰かの夢の糧となる5人の穏やかな絆 温かな空気を共有した『らじらー!』同窓会SP

 1月2日、Sexy Zoneがまた『らじらー!』に帰ってきた。2016年から2019年までの3年間、『らじらー!サタデー』(NHKラジオ第1放送)22時台のMCを務めていた彼ら。昨年1月2日にも『らじらー!』に登場していたが、今年も地元に帰郷するかのように再び同番組に出演したのだ。

 『Sexy Zoneのらじらー!同窓会スペシャル~おっきいステージも立てたらいいな セカンドシーズン~』と題した今回のスペシャル放送。冒頭では、かつてレギュラー放送時代にもメールを送ってくれたリスナーが「保育士になる夢を叶えた」と報告する場面も。

 「アイドル冥利につきない?」と感慨深い思いを言葉にしたのは中島健人。さらに松島聡が「より頑張っていかなきゃと思うし、一言一言を汲み取ってさ、努力の源として生きるっていいよね」と続ける。また、菊池風磨は保育士もアイドルも同じように「夢のステージに立っている」のだと例え、佐藤勝利は「続けていけたら“総理大臣になりました”って人も同窓会のなかで会えるかも?」と夢を膨らませ笑いを誘った。

 Sexy Zoneが『らじらー!』を卒業したとしても、メンバーもファンもその共有した時間を糧に走り抜けてきたからこそ、この温かな空気に包まれたのだとわかる。

 さらにほっこりとした気持ちになったのが、クジ引きで決めたツーショットで語らう「セクシークレットトーク」のコーナーだ。さっそく菊池&松島が「お互いのかわいいところは?」というお題に、日頃メンバーをイジる側の菊池に対して松島が「風磨ちゃんのかわいかった瞬間ですね、寝顔とか?」と発言。今回ばかりはマウントを取ることに成功したかと思いきや、菊池からすぐさま「松島の寝顔も好きだよ」とカウンター返しをくらってしまうから微笑ましい。

 「えっ、見せたことなくない?」と慌てる松島に、菊池はさらに無防備な寝顔をこっそりと激写していることを暴露。「カメラフォルダにめちゃくちゃある」と言われると「やめてやめて! 消して! えっ、いつ撮ってる?(笑)」とパニックに。10年前から変わらぬ敵わない兄弟のじゃれ合いのようなやりとりが見受けられた。

 だが、次の「挑戦したいこと」のお題になると、菊池から松島に「連続ドラマとかどうですか?」とちょっぴり真面目なアシストが。これには松島も「やりたい! 学園モノで影のある役とか!」と嬉しそうに答え、「風磨くんにはアウトローな役もやってほしいし、声優とかも!」と盛り上がる。年下メンバーの成長を喜び、そして年上メンバーは憧れられ続けるという、大人になった兄弟感も垣間見えるトークとなった。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる