夢のコラボでジャニーズの「見たかった」を実現 松本潤の演出も光った『Johnny’s Festival』を振り返る

 12月30日、東京ドームで開催されたジャニーズ事務所所属のアーティストが一堂に会するライブイベント『Johnny’s Festival ~Thank you 2021 Hello 2022~』。1月2日からは配信も行われた。配信当日は朝から心待ちにしていたファンの期待を込めたコメントがSNSに溢れ、大きな盛り上がりを見せた。そんな感動のライブを振り返ってみたい。

14組78人のジャニーズメンバーが結集したドリームステージ

 同公演はジャニーズとして2020年1月1日のHey! Say! JUMP以来、約2年ぶりのドーム有観客公演として開催された。今年CDデビュー25周年イヤーとなるKinKi Kidsをはじめ、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey! Say! JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、A.B.C-Z、ジャニーズWEST、King & Prince、SixTONES、Snow Man、なにわ男子のオールデビュー組と、ジャニーズJr.のTravis Japanも含めた総勢14組78人が出演し、豪華なジャニーズ・エンタメのリスタートを感じさせるステージとなった。加えて総合演出を手がける松本潤がどのようなステージを演出するのかにも大きな関心が寄せられていた。

ジャニーズファンのニーズを知り尽くした心憎い演出

 配信を観た直後に感じたのは「大満足でお腹いっぱい」に尽きる。「あんなコラボが見たい」「応援するグループのココが好き!」というファンのリアルな思いが具現化されたステージだったからだ。事前に公式Twitterアカウントで聴きたい楽曲を募集し、それを鑑みて松本が全出演グループの楽曲から選曲。嵐のライブでは会場全体も演出の一部となる無線制御型ペンライト(FreFlow®/フリフラ)が有名だが、同公演でも『アラフェス 2020 at 国立競技場』にて客席に設置したペンライトをリユースし観客に無料配布。嵐のライブを体感したことのないジャニーズファンにとっては新鮮な感動だったに違いない。

 松本の演出を語るとき、壮大なセットや最新鋭の機構、ダイナミックな特殊効果などがよく取り上げられるが、それに加えて秒単位で計算された曲間のタイミングや、曲の世界観に忠実な映像、照明やレーザーなどステージを構成している全てに徹底的にこだわるのが松本流。今回のステージでもその手腕がいかんなく発揮されており、セットリストが進んでいくたびに唸らずにはいられない出来映えであった。

 名刺代わりのグループの代表曲披露も、それぞれの個性に溢れた選曲や、メンバーカラーを点灯させるフリフラ演出でパフォーマンスを彩った。冒頭、Snow ManからSixTONESという流れのパフォーマンス披露も、同時デビューした2組を登場させることで対バンをイメージさせ、まるでフェスのような盛り上がりを演出していた。

 またグループコラボもファンのツボを知り尽くした粋な組み合わせが実現。ジャニーズJr.時代から切磋琢磨してデビューを目指したKis-My-Ft2とA.B.C-Zの“エビキス”コラボは「Kiss魂」(Kis-My-Ft2)、「Black Sugar」(A.B.C-Z)を披露。変わらず息の合ったステージは当時から応援してきたファンにとっては懐かしく、感慨深い景色だったに違いない。メンバー同士のセクシーな絡みも満載で、櫻井翔の言葉を借りるならまさしく「エモエモのエモ」なパフォーマンスとなった。

 フリフラを消灯し、ステージ上のSixTONESだけに観客の視線を誘導した「マスカラ」から、KAT-TUNとコラボした「Imitation Rain」への流れも美しく、「ハルカナ約束」(KAT-TUN)では田中樹の肩を抱いて歌う上田竜也の姿が特に印象的だった。

 また、Sexy Zoneが「RUN」を披露した際、直前まで4色のメンバーカラーであったフリフラが一転、会場全体がオレンジ一色に。オレンジは現在活動休止中のマリウス葉のメンバーカラーであり、〈太陽はきっと きっと この闇を 照らすはずさ〉という歌詞が心に響いた。

 NEWSはドラマ『二月の勝者-絶対合格の教室-』(日本テレビ系)のテーマソング「未来へ」を、事前に募集していたファンの映像と共に大合唱。ファンとNEWSの強い絆を感じるパフォーマンスで感動を届けた。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる