日向坂46 影山優佳、サッカー好きを強みに活躍 勉強家の一面にクロースアップ

 「影山優佳って日向坂46だったんだ」ーーネットを見ると、そんな声を目にすることもある。大のサッカーファンとして知られ、その豊富な知識を武器に、数々のサッカー番組で活躍する彼女の“本職”に驚く人もいるということだろう。

 これまでも自身のブログなどで、たびたびサッカーに対する愛を公言してきた影山。小学生時代には地元のサッカーチームに所属していた経験者でもある。「サッカーのルールをもっと詳しくなりたい!」と、4級審判員の資格も取得している本格派のサッカーファンで、DAZNで配信中の番組『内田篤人のFOOTBALL TIME』に出演した際には、影山の鋭い着眼点を、内田篤人が絶賛する場面もあった。

 振り返ると、影山は日向坂46の前身グループ・けやき坂46のメンバーとして冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京)に初登場した時から、サッカー好きをアピールしていた。同じくサッカー好きとして知られるMCの土田晃之は最初「薄っぺらい奴はすぐ見破りますからね」と厳しいコメントをしていたが、影山が「(選手というより)どちらかというとチームの戦術とかに注目していて、好きなチームはサンフレッチェ広島とドイツのドルトムント」と語ると、次の瞬間、土田は驚きの表情を浮かべていた。つまりこの時の土田のような状態が、サッカー番組を通じて日本中で起こっているわけだ。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる