INI 木村柾哉、佐野雄大、田島将吾、松田迅……10月誕生日の4人それぞれの成長

 MINI(INIのファンネーム)にとって、10月はおめでたいことが続く月である。というのも、10月10日は木村柾哉と佐野雄大、10月13日は田島将吾、10月30日は松田迅と、INIメンバー4人が誕生日を迎えるためだ。そこで今回はこの4人に改めて注目をしてみたい。『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』が終わってからまだ約4カ月だが、すでにそれぞれ成長が見られる。

 10月10日で24歳を迎えたのは、リーダーの木村。『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』で最終順位1位を獲得し、デビュー曲でセンターを務めるメンバーだ。オーディション中の木村を振り返ると、ダンススキルが高く、各バトルで毎回リーダーを務めてチームメンバーたちを牽引。気遣いも忘れず、まさにパーフェクトな練習生だったと言えるだろう。だが一方で、あまりにも優等生すぎて“壁”のようなものが感じられることもあった。しかしINI結成以降、その“壁”はなくなり、柔和さがプラスされたように見える。実際、YouTube動画「リーダー決定」の中でも、「オーディション中全部リーダーをしていて、あるとき距離を感じることがあったんですよ。(中略)INIになってからはいろいろな人に自分の思いを言う場面も増えたし、みんながいるから」と笑顔を見せている。さらにパフォーマンスを見るとダンススキルのさらなるパワーアップはもちろん、歌唱力も進化していることがわかる。人柄的にも、スキル的にも、さらに一歩高みに登ったと言えよう。

 そんな木村と同じ日に21歳を迎えたのは、佐野だ。佐野といえば、ダンススキルが格段にアップしたメンバーである。『KCON:TACT HI 5』のパフォーマンスでは、その成長ぶりを遺憾なく発揮。周りのメンバーに引けを取らずに踊る佐野の姿は、10月9日に公開された「’Rocketeer’ Performance Video」でも見られるのでぜひチェックしてみてほしい。おそらく、相当の努力を重ねてきたのだろう。それが自信に結びついたのか、性格面でもINIになって以降関西弁での鋭いツッコミが冴え渡るなど、のびのびとしているように感じる。「可愛いよりかっこいいと言われたいゆうだいです」というブログタイトルをつけているように、自信がついたことにプラスして温かなINIメンバーに囲まれたことで本来のキャラクターを発揮できるようになっているのだろう。

INI | ‘Rocketeer’ Performance Video



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる