櫻坂46 小林由依、武元唯衣、齋藤冬優花……『そこ曲がったら、櫻坂?』を盛り上げた“名ガヤ”をピックアップ

櫻坂46
櫻坂46『BAN』通常盤

 バラエティ番組において重要な“ガヤ”。ガヤはその場で起きていることを最大限引き立て、放送を盛り上げる効果がある。そして、センスのあるガヤはトークの方向性を大きく展開させるような起爆剤にもなり得る。櫻坂46の冠番組『そこ曲がったら、櫻坂?』(テレビ東京)でMCの土田晃之は「(メンバーたちはガヤを)以前から言ってはいるけど、最近それをスタッフがフィーチャーするようになった」と指摘していた。確かに、ここ最近の放送を注意深く聞いてみると、ガヤの声が以前より大きく乗っていたり、テロップ化して注目されている印象だ。

 こうした制作側の変化もあり、今は気軽に発言しやすい空気も出来上がっているのかもしれない。「オンエアで自分の言ったことがテロップになってるとよっしゃ! となる」とはグループでも随一の“ガヤスキル”を誇る小林由依の言葉である。そこで今回は、今年上半期に放送された『そこ曲がったら、櫻坂?』の中から、番組の盛り上がりに一役買ったメンバーによるガヤをピックアップしてみたい。

「知らねぇし」(小林由依)

 年始の大新年会で行われたメンバープロフィールクイズで「イカよりタコ派」というヒントが出た時に放たれた切れ味鋭い一言。絶妙な間合いとコンパクトなフレーズで切り込んだことで、しっかりと顔付きでテロップ化されていた。何でもない情報のその“何でもなさ”がより強調され、視聴者を我に返らせてくれたガヤである。

「傷付く〜」(小林由依)

 同じく大新年会の早押しクイズで、「ハライチ澤部が思う自分に足りていないものは何?」というお題に対し、武元唯衣が「『ハライチのターン!』でのトーク力」と答えてクリーンヒットを決めた瞬間に小林が発した一言。語尾を伸ばしたことでハートがえぐられた感がより醸し出されていて趣深い。武元の渾身のヒットをツーベースに変えるくらいの力を持ったアシスト的ガヤであった。

「詐欺師の匂いがする」(武元唯衣)

 不良品大放出の回で、明らかに誰も欲しがらないキリンとクマの人形を強引に売りつけようとする井上梨名に対して武元の口からこぼれ出た一言。この秀逸な言葉のチョイスには、番組側も乗っかるように「詐欺師の論法」とテロップで応対。その後、スタジオは井上のトークを疑っていく流れにじわじわと変化していった。

「これ女子の一番怖いヤツ」(齋藤冬優花)

 番組の見逃し配信開始を記念した特別番組『そこさく大百科事典』の冒頭、4つのチームに分かれたメンバーたちがそれぞれの“仲の良さ”を無理矢理アピールするシーンで放たれた一言。「上辺の仲良し」とのテロップでツッコミが入り、結果的に全チームマイナス5ポイントからのスタートとなったこの場面で、良い流れを作ったガヤだった。

「チョロ」(小林由依)

 同じく『そこさく大百科事典』より、ぶりっ子対決で「イマイチ収録にやる気のでない澤部をやる気にさせる一言」というお題に対し、MC・土田がお金で釣るという回答をしたところ、見事に目の色を変えた澤部に小林が放った痛烈な一言。どさくさに紛れて辛辣なコメントを繰り出す“狂犬”らしさが表れたガヤだ。

「誰ですか?」(松田里奈)

 激辛クイーン決定戦で、事前に試食したMC・土田の髪型がおかしくなっていたところを即座に反応した松田里奈の一言。松田のガヤは数が非常に多く、瞬発力も高い。そんな彼女のスタジオでの立ち回りについて、番組の構成作家の安部裕之氏は「松田さんに関していえば、『自分が目立ってやろう』じゃなく、『みんなも声を出していいんだよ』という空気を作っている姿勢がいいですよね」と絶賛していた。(『BRODY 2021年4月号』(白夜書房)より)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる