2021年“バラエティアイドルクイーン”は誰?  日向坂46 佐々木久美、NMB48 渋谷凪咲、りんご娘 王林ら群雄割拠の椅子争奪戦

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人の活躍で、新世代のお笑い・バラエティ番組が急増している現在、バラエティアイドルもまた、朝日奈央や指原莉乃に次ぐ、次世代を担うメンバーたちが続々と登場している。そこで、2021年のバラエティアイドルとして際立つメンバーをピックアップしたい。

『Ray』 2021年 06 月号

 まずは日向坂46のキャプテン・佐々木久美。いつしかバラエティに強いアイドルグループとして知られるようになった日向坂46。そんなグループを仕切る佐々木が優れているのは、場の空気を読む力だ。キャプテンとして全体を見てバランスをとりながらも、チャンスがあればプレイヤーとして前に出てくる貪欲な姿勢を持つ。大喜利やものまねといったお題が与えられたら率先して手を挙げ、何かネタを持っているメンバーがいればパスを回し、自身への最年長いじりさえ面白くなるようにトークを展開するなど、必要なポジションを常にカバーできるオールラウンドプレイヤーと言えるだろう。芸人との絡みでも、『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)に出演した際は、あえて相手が多様な返しができる余白を作り、ガヤ芸人に花を持たせていた。バラエティアイドルとして面白いことを言えるのも大事だが、さらに番組の流れを読む力と実行力を兼ね備えた佐々木は、MCや番組スタッフからも頼れる存在として認知されている。そして何より、お笑いに対しての熱量が高く、笑いが取れた時は本人が一番嬉しそうなのが印象的だ。

 また、佐々木はパイロット版の番組に呼ばれることも多く、昨年から『みえる』(テレビ朝日系)のMCを東野幸治と担当し、テンポの良い仕切りで番組進行をソツなくこなしている。大のお笑い好きの彼女は、お笑いライブをプロデュースする番組『支配人やってみませんか?』(ABCテレビ)の支配人役にも抜擢。そこでもお笑い好きの視聴者を唸らせるなど、佐々木は今、番組を仕切らせたら一番のアイドルではないだろうか。

 アイドル界最強のお笑いセンスと注目を集めているのが、NMB48の渋谷凪咲。その理由は、お笑いに対する反射神経の高さだ。ほんわかした雰囲気で貪欲に前に出ようとはしない渋谷だが、ネタを振られた時には迷う素ぶりを見せず、絶妙な切り返しをしてくる。吉本興業ホールディングスの子会社・Showtitle所属のNMB48のメンバーなだけに、『芸能界常識チェック~トリニクって何の肉!?〜』(ABCテレビ・テレビ朝日系)や、『かまいたちの机上の空論城』(関西テレビ)のアシスタントなど、関西の番組での芸人たちとの共演も多く、すでにその才能は芸人界隈で知られている。

『漫画アクション』No.4 2019年2/19号

 渋谷は2012年にNMB48のメンバーとしてデビューし、『R-1ぐらんぷり2017』に出場した際はバラエティアイドルとして注目を集めると、以降もストイックに笑いを追求。グループの中でも個性を見出し、多くの場数を踏んできた。結果、今年3月25日に放送された『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「芸人ドラフト会議」で、麒麟 ・川島明が渋谷を4位に指名し「今まで可愛らしい天然な子は多かったけど、しっかり大喜利が強い」と絶賛したのも話題となった。

 昨年放送された『お笑い脱出ゲーム』(フジテレビ・関西テレビ)にて、アナウンサー・中田有紀に面白い原稿を読ませるという大喜利では、「2006年に発売された、細木数子の著書”地獄への道”の再販が決定しました」など、若くして大人たちのツボにハマるワードをチョイス。怖いもの知らずの気質など、彼女の逸材ぶりは天然のようで長年培った努力の賜物である。今年放送された『お笑い脱出ゲーム2』で、最前線で活躍する芸人の中に当たり前のように並んで大喜利で活躍していたのも、彼女のキャリアを考えれば当然の結果なのかもしれない。渋谷はまだ全国放送での出演は少ないが、話を振れば確実にヒットを打ち返してくるだけに、ひな壇メンバーとしてバラエティ番組で重宝されるはず。また、ローカル番組で共演していた芸人が今や全国区で人気になっていることも多く、彼らが信頼を置くアイドル=渋谷凪咲として、今後は各番組に引っ張りだこになる可能性が高いだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる