NEWS、adieu、Dragon Ash、THE RAMPAGE……6月30日リリースより新譜4作をレビュー

 毎週のリリース作の中から注目作品をレビューしていく連載「本日、フラゲ日!」。今回は6月30日リリース作品より、NEWS『BURN』、adieu(上白石萌歌)『adieu2』、Dragon Ash『NEW ERA』、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEよる『HEATWAVE』の4作品をピックアップした。(編集部)

 NEWSの27枚目となるシングル表題曲「BURN」は、シングルとしては初めてとなるハードなロックナンバー。TVアニメ『半妖の夜叉姫』(日本テレビ系)の壱の章第2クールのオープニングテーマとなっていた楽曲で、“想いを貫く”という熱いメッセージが込められた歌詞のもと、アグレッシブなラップあり、メロディアスな歌唱あり、力強いハーモニーありと、1曲の中にさまざまな表情が詰め込まれている。とりわけ印象的なのが、三者三様の個性の活かし方。増田貴久のハイトーンボイス、小山慶一郎のキレのあるラップ、加藤シゲアキの切なくメロウな歌声と、パートごとにそれぞれの長所にスポットが当たる構成で、3人の表現力の高さにもフォーカス。新体制になり、よりエッジの効いた音作りに磨きをかけたNEWSの今を感じることができる。(渡部)

NEWS – BURN [Official Music Clip (short ver.)]
adieu『adieu2』(通常盤)

 女優・上白石萌歌のアーティスト名義であるadieuが、およそ1年半ぶりとなるミニアルバム『adieu2』をリリースする。たゆたうような浮遊感が心地よい曲「春の羅針」(作詞作曲:君島大空)に始まり、削ぎ落とされたシンプルなトラックに乗せて、愛の本質を語りかけるように歌う「愛って」(作詞作曲:古舘佑太郎)、春の陽気にも似た爽やかなギターポップ風の「天使」(作詞作曲:カネコアヤノ)など新曲5曲に加え、通常盤には「よるのあと」「愛って」の『THE FIRST TAKE』バージョンも収録。サウンドプロデュースは前作に引き続き、全編Yaffle。楽曲ごとに異なるバリエーションを持たせつつもadieuの持つ柔らかな感性に寄り添い、その世界観をさらに深化させている。(渡部)

adieu [ 春の羅針 ]



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる