米津玄師、宮本浩次、BTS、三代目JSB……6月16日リリースより新譜4作をレビュー

 毎週のリリース作の中から注目作品をレビューしていく連載「本日、フラゲ日!」。今回は6月16日リリース作品より、米津玄師『Pale Blue』、宮本浩次『sha・la・la・la』、BTS『BTS, THE BEST』、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE『100 SEASONS / TONIGHT』の4作品をピックアップした。(編集部)

『Pale Blue』(通常盤)
『Pale Blue』(通常盤)

 アルバム『STRAY SHEEP』(2020年)の驚異的なクオリティと圧倒的なセールス力によって、名実ともに日本の音楽シーンのトップに立った米津玄師のニューシングルは、彼の音楽がさらに豊かに発展し続けていることの証左だ。表題曲「Pale Blue」は〈淡く青いメロディー〉という歌詞の通り、いまにも消えてなくなりそうな儚さと美しさをたたえた旋律がいつまでも心に残るミディアムチューン。ストリングス、ピアノなどの生楽器の響きを活かしたクラシカルな音像、豊潤な響きを讃えたボーカルを含め、普遍性の塊のような楽曲だ。〈ずっと、ずっと、ずっと  恋をしていた〉に象徴される、切なさと痛みをたっぷり含んだリリックも心に残る。ここまで真っ直ぐな米津玄師のラブソングはおそらく初めてだろう。(森)

米津玄師 – Pale Blue
宮本浩次『sha・la・la・la』(通常盤)
宮本浩次『sha・la・la・la』(通常盤)

 昨年リリースしたアルバム『宮本、独歩。』、カバーアルバム『ROMANCE』、そして、地上波の歌番組やフェスでの圧巻のパフォーマンスよって、“エレカシの宮本”ではなく、ロック歌手としての強烈過ぎる存在感を確立した宮本浩次から、ニューシングルが到着。表題曲「sha・la・la・la」は、鋭利なギターリフと洗練されたピアノのフレーズを軸にしたバンドサウンド、宮本節としか言いようがない日本語をグルーヴさせまくる歌が高らかに響くミディアムチューン。〈星に願いをかけた二十歳の頃 いかした大人になりたいってよ〉という歌詞も宮本が一貫して歌ってきたテーマではあるが、なぜだか、驚くほど斬新に響く。歌と社会と自分に真摯に向き合い、格闘し続ける宮本の今の姿がリアルに刻まれた名曲だ。(森)

宮本浩次-sha・la・la・la

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる