SixTONES×King Gnu、徐々に育まれていった関係性 常田大希提供曲「マスカラ」発表を機に辿る

 「あんまりハードルを上げたくないけど、マジでヤバい」ーー6月7日に横浜アリーナで行われたSixTONESのライブツアー『one ST』横浜公演の最終日に、新曲リリースをサプライズ発表したSixTONES。

SixTONES
SixTONES

 8月11日にリリースされる5thシングルのタイトルは『マスカラ』。表題曲はKing Gnu/millennium paradeの常田大希が手掛けるとあり、ダブル&ビッグサプライズとなった。翌日には情報番組をはじめ、スポーツ各紙でも横浜公演の完走と共に、常田とのコラボレーションについて取り上げられており、改めてSixTONESの注目度の高さを実感すると共に、早くも新曲への期待が高まる。

 SixTONESとKing Gnuは、この新曲発表に至るまでに何度か接点があった。京本大我がKing Gnu 井口理(Vo)のファンであることを公言していたほか、井口が出演していたラジオ番組『オールナイトニッポン0』(ニッポン放送/以下、ANN)でもSixTONESについてのエピソードが語られていた。

 SixTONESがデビュー発表前の2019年8月1日に同番組のスペシャルパーソナリティとして出演した当時、2部とされる『ANN0』は井口がパーソナリティを担当。井口は、SixTONESの出演について、番組に関するツイート数に驚いたことや、メンバーの平均身長などの情報に触れながら、SixTONESを「清らかなだんじり祭」と称していて、両者のファンを中心に話題となった。

 また、昨年1月17日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)でも共演した両者。この日新曲「Teenager Forever」を初披露したKing Gnuのステージが終わると、SixTONESのメンバーはスタンディングオベーションで、賛辞を送っていたことが記憶に新しい。両者のいい関係性が伝わってきた印象深いワンシーンである。

 常田はサプライズ映像で、SixTONESのかくれんぼ動画などに一瞬で心を奪われたとコメントしていたが、King Gnuも負けてはいない。以前、『バズリズム』(日本テレビ系)に出演した際に、冒頭から「水道代払いました?」とバカリズムから振られた常田は、「払いました」と頬を緩ませていた。「Srv.Vinciからの改名前夜」と題した写真には、MV撮影で井口がブリーフ姿になった経緯を紹介。また、「エキストリーム井口、タイへ」の写真では、番組の企画で訪れたタイでの様子が紹介されたのだが、これまたユニークなエピソードが紹介されていた。ステージでみせる表情とはあまりにもかけ離れたギャップも両者に共通する点といえそうだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる