7 MEN 侍 佐々木大光&Aぇ! group 小島健、『アウト×デラックス』出演 “アウトこそグッド”な愛されキャラに迫る

 6月3日の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)にて、「ジャニーズアウト第6弾」が放送される。今回登場するのは、7 MEN 侍の佐々木大光とAぇ! groupの小島健。ともに、ダンスとバンドの二刀流グループに所属し、メンバーカラーが紫という共通点を持つ。いよいよこの2人が出会ってしまうのかと、放送はもちろん共演そのものが楽しみだ。

ジャニーズJr.
ジャニーズJr.

 7 MEN 侍とAぇ! group。いっそ全員が同番組に登場しても良いのではと思うほど、個性派が揃った東西の異端児だ。そこへきて佐々木と小島という人選は、玄人向けとでも言うべきか……そこはかとない“ガチ感”が漂う。さすがは「アウトとグッドは紙一重」を掲げる『アウト×デラックス』である。

 過去には、V6・三宅健、A.B.C-Z・塚田僚一、戸塚祥太、ふぉ~ゆ~、Snow Man・佐久間大介が登場。いずれの回も注目を集め、一般視聴者層からも反響を呼んだ。(V6 三宅、A.B.C-Z 塚田、Snow Man 佐久間…『アウト×デラックス』で個性発揮したジャニーズ

 本稿では、佐々木と小島の魅力と活躍を紹介しつつ、同番組を通しての飛躍に期待を寄せる。

7 MEN 侍・佐々木大光

 2002年5月20日生まれ、19歳になったばかりの佐々木。大きな瞳と、幼さを残したルックスが印象的なグループ最年少メンバーだ。現在は、同じく7 MEN 侍の中村嶺亜主演ミュージカル『SUPERHEROISM』の上演に向け、稽古の真っ最中である。

 幼少期から親しんできたドラムとダンスのスキルは確かなもので、7 MEN 侍ではドラムを担当。その安定感に、メンバーも信頼を寄せている。パワフルかつ正確なドラムプレイの一方、ダンスでは繊細な表現力が持ち味。奥行きのあるパフォーマンスからは、楽曲を深く理解し、向き合っていることが伝わる。緩急のつけ方や表情の変化に、ぜひ注目してみてほしい。

 現在、メンバーそれぞれが特技を活かし、さまざまなジャンルのバラエティ番組に進出している7 MEN 侍。情報の渋滞ともいえる、溢れんばかりの個性が世間にも認知され始めているが、もっとも予測不能なキャラクターこそ“金曜日の狂犬”こと佐々木である。

 「大光チャレンジ」は言わずもがな、YouTubeチャンネルの挨拶を決める企画(7 MEN 侍【新しい挨拶】大光ご立腹で考えた!)では、後々まで語り継がれるであろう“アスパラベーコン”を生み出した。中村とともに出演した2020年2月20日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)においては、あの浜田雅功を相手に臆することなくスキンシップをはかり、爪痕を残している。

7 MEN 侍【新しい挨拶】大光ご立腹で考えた!

 しかし、佐々木はつくづくギャップの人だ。ジャニーズwebのグループ連載では、冒頭にいつも優しい言葉を添えてくれる。その先を読み進めると佐々木ワールドが続くのだが、将来の夢は「みなさんに笑顔を届けること」だという、佐々木らしい愛が詰まっている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる