櫻坂46 渡邉理佐&藤吉夏鈴、急激に引き寄せられた2人 グループ牽引する親密なペアに成長

櫻坂46『BAN』(通常盤)

 先日の『そこ曲がったら、櫻坂?』(テレビ東京)は、2週に渡って放送された「櫻坂ここだけの話」企画。メンバー同士だからこそ知るレアな情報を披露し合いながら、後半は暴露合戦へと展開する回となった。メンバーたちの知られざる私生活や、意外なアルバイト経験などが明らかにされるなか、印象深かったのが2期生の藤吉夏鈴を取り巻くメンバーたちの関係性だ。謎の本を読んでいたり家でお香を焚いているという藤吉。すると自然とスタジオは藤吉をイジるメンバーの話題へと発展。自身が主役を務めるMVのセリフを、同期の山﨑天がモノマネしてイジってくると藤吉は訴える。しかしその発端は1期生の渡邉理佐であることが発覚。キラーパスを受けた渡邉は「私が夏鈴ちゃんのことが一方的に好きなので(イジってるわけではない)」と突き返す。藤吉を中心に起きているこの複雑な関係は、後にMVPにも選ばれ、新しい企画のきざしを見せていた。

 この収録でも話題になったように、渡邉と藤吉の関係がここ最近目立っている。イオンカードのウェブ企画「タムラノジダイ」の第1回でも、MC含めた3人が席を外した際に、フロアに残された渡邉と藤吉が「いつもあんな感じなの? 元気だね〜」「はい、わんぱくです」と小声で会話している様子がカメラに映っていた。何気ないやり取りだが、2人の心の距離の近さがその場の空気ににじみ出ている。

櫻坂46MC企画第2弾!タムラノジダイ Vol.1

 渡邉は「自分以外の推しメンは?」という質問にも「夏鈴ちゃん」と即答。「思ったよりも寂しくない」の振付でペアになることが多いため、「めちゃめちゃ笑顔で踊ってるのを見て胸がズキュンと打たれて」と話す。番組では「一方的に好き」だと話していたが、当の藤吉はにんまりとした表情を浮かべており、まんざらでもないようだ。MVには2人の仲睦まじい様子が使われており、こうした光景にも2人の急接近ぶりがうかがえる。

櫻坂46 『思ったよりも寂しくない』

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる