日本からWARPs UP RIKIMARU&SANTAも参戦 “世界”を目指す中国アイドルオーディション番組『創造営2021』

日本からも参戦の中国アイドル番組

 今年の中国のアイドルオーディション番組、ちょっと例年とは様子が違う。日本からの候補生がたくさん出演しているのだ。中国のオンラインプラットフォーム・Tencent Video(腾讯视频)で放送中の『创造营2021(創造営2021/CHUANG2021)』の90名の候補生のうち、日本からの参加者はなんと17名! 日本以外では、タイ、アメリカ、ウクライナ、ロシアから参加していて、外国からの参加者は全体の1/4を占める。

Tencent Video『创造营2021』weiboより
Tencent Video『创造营2021』weiboより

 そうなると、中国のアイドルファンたちもやっぱり黙ってはいられない。「中国のマーケットが外国人に取られるのは嫌だ」「中国語ができない候補生のデビューはありえない」など、結構きついコメントが飛び交っている。追っかけ仲間の中国人にそのあたりどうなのか聞いてみると「最終的には実力ある人が上に上がるのはみんな納得。だから、ほとんどの人が外国人とか中国人とか関係ないって思っているよ」となんともさっぱりとしたコメントだった。

 『创造营2021』は2018年から毎年一シーズン放送されている大人気のサバイバルオーディション番組。毎年春になると、中国のアイドルファンはこの番組を追いかけるのに連日忙しくなる。しかも、今年はもう一つのプラットフォーム・iQIYI(爱奇艺)の『青春有你3(Youth With You 3)』と土曜日の夜の放送時間が丸かぶりなので、比較してコメントしているファンも多い。2つのプラットフォーム、多いときは週2日放送、全て合わせると一週間で約10時間! それ以外にオフショット動画や関連番組もあるから、毎年春はアイドルファンにとって年一回の一大イベントだ。

 その2つの番組に参加するそれぞれ約100名の候補生は、各収録場所で共同生活を送りながら様々なお題に答え、番組の収録をする。視聴者は自分の「推し」にオンライン投票することで「国民プロデューサー」として番組に参加しデビューを見守る。その流れは例年通りなのだけれど、今シーズンは両番組とも新たな試みを取り入れた。『创造营2021』は前述の通り全体の1/4の外国人候補生を入れ、『青春有你3』は候補生のリアルを強調した記者会見を取り入れた。中国のアイドル候補生に「外国からの参加者」と「ガチ(リアル)」で競争を煽ったのだ。

『創造営2021』RIKIMARU、SANTA
『創造営2021』RIKIMARU、SANTA

 両番組が新たな試みを取り入れた大きな理由には、視聴者が感じる「サバイバルオーディション番組のマンネリ化」「候補生のイケメンで高身長というルックスだけ」を打破する思いがあるようだ。実際、「実力が伴った候補生がデビューすべき」とのファンのコメントも多く見られる。『创造营2021』の放送が始まると、日本人候補生へのコメントが日に日に増えているのを感じる。例えば、一回目の放送中、日中混合ボーイズコレクティブ・WARPs UPのメンバー、RIKIMARUとSANTAのダンスパフォーマンスが流れると、中国のSNS、Weiboでは「RIKIMARUとSANTAのダンスがうますぎる」とのコメントがあっという間にホットトピックの上位にランクインした。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる