清水翔太とTHE RAMPAGE RIKUによるコラボも Reol、SO-SO/SARUKANI出演『LIVE YEAH !!!』オンラインイベントレポ

清水翔太とTHE RAMPAGE RIKUによるコラボも Reol、SO-SO/SARUKANI出演『LIVE YEAH !!!』オンラインイベントレポ

 3月4日、チュートリアルとTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE(以下、THE RAMPAGE)の陣、RIKUがVJを務めるスペースシャワーTVの音楽情報番組『ライブを100倍楽しむLIVE YEAH!!!』によるオンラインライブイベント第3弾『LIVE YEAH !!! vol.3 ~みんなで作るサイコーPARTY!!!~』が開催された。

 ライブアクトとしてTHE RAMPAGE、清水翔太、Reol、そして“ニューカマーライブアクト”としてSO-SO/SARUKANIが出演したほか、チュートリアルがネタを披露。イベントのMCは今回もチュートリアルの二人と陣、RIKUが担当し、HC(ハッピーコーディネーター)として野津山幸宏、菅沼ゆりも出演した。

 VJ4人の寸劇のようなオープニングトークからイベントはスタートし、トップバッターを務めたのはReol。ポップなエレクトロサウンドに乗って鋭い歌声が響く「HYPE MODE」で、一曲目から独自の世界観を作り上げた。続く「十中八九」「平面鏡」でも重く響くビートと高らかな歌声が響き渡り、昨年リリースした2ndアルバムのリード曲である「金字塔」でさらにポップで高揚感を与える見事な歌唱を披露。ラストの「第六感」では視聴者へのサプライズとしてTHE RAMPAGEの陣と与那嶺瑠唯がバックダンサーとして登場し豪華なコラボレーションを展開。パワフルかつ迫力のあるステージを終えた。

 HCとアーティストとのトークを挟んだ後「“ランぺリアル”でーす!」と初出の名前で登場してきたのは、チュートリアルに陣とRIKUが加わった本日限定の4人組お笑いユニット。家電量販店を舞台にしたネタは随所に陣とRIKUそれぞれの個性が生かされており、それぞれの演技力も相まって大好評で終わった。

 続いて登場したのは、チュートリアル・徳井義実が「とんでもないアーティストがいる」と名前を挙げたことがきっかけで出演する運びとなったSO-SO/SARUKANI。まずSO-SOがソロで登場し、パントマイム的な動きとともに音を繰り出すショーのような演出から自身の楽曲「This Is 8bit」へ。音をその場で何層にも積み重ねてビートを作り上げる様子に、コメント欄も「何これすごい」「即興なの!?凄くかっこいい」と一曲目から驚愕していた。

 その後はSOSOが所属するビートボクサーグループ・SARUKANIメンバーが全員登場し「WE SAIKYO」を披露。人体から出ているとは思えない低音域の音やシンセのような高音など豊富な音色で中毒性のあるグルーヴを作り上げ、ラストの「ULTRA POWER」「SARUKANI WARS」のメドレーまで息つく間もなく演じ切ってみせた。急遽の出演だったそうで短いステージではあったが、彼らの実力と将来性は十分に示されたことと思う。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる