SHINee、7thアルバム『Don’t Call Me』で更新した“らしさ” メンバーの声を届けたグローバル公開インタビュー

SHINee、7thアルバム『Don’t Call Me』で更新した“らしさ” メンバーの声を届けたグローバル公開インタビュー

 SHINeeが、2年6カ月ぶりに7thアルバム『Don’t Call Me』でカムバックを果たした。2月22日にリリースされた本作は、オンユ、キー、ミンホの兵役後、初のアルバム。空白の時間を経て「新しいSHINeeを見せたい」とメンバーが今持てる情熱をすべてかけて制作された意欲作だ。そして、18時の全世界同時配信に先駆けて、グループとして初のオンライングローバル公開インタビューが行われた。

MCに東方神起・ユンホが登場してアットホームな会見に

 開始時間になると、事務所(SMエンターテインメント)の先輩である東方神起のユンホが登場。SHINeeのお決まりの挨拶「こんにちは、輝くSHINeeです!」にかけて「(メンバーが)本当に光り輝いていたので驚きました」と盛り上げるユンホ。さらに呼び入れたメンバーを見て「カッコいい!」と嬉しそうに褒めるため、SHINeeも「何を言うんですか(笑)」と思わず笑顔に。初のオンラインのインタビューに慣れない彼らにとって、実に心強い存在となった。そんなアットホームな雰囲気が完成したからか、リラックスしたムードで、一人ひとりの個性が感じられる挨拶が繰り広げられた。

「SHINeeのオンユです。お忙しい中、貴重なお時間を割いてくださり、ありがとうございます。まずはカムバックの感想ですが、僕たちSHINeeは2年6カ月ぶりにカムバックすることになりました。空白の時間がありましたし、いろいろな時間があったのですが、活動の準備をしながら、すごく緊張して、どんな姿を見せたらいいのかだいぶ悩みました。その悩みをうまくまとめてアルバムを作りましたので、たくさん期待してください」

「SHINeeの末っ子のテミンです。久しぶりにSHINeeとして挨拶することになりました。僕たちの7枚目のフルアルバムです。新しい姿を見せようと頑張りました。僕は口ベタなんですが、記者の皆さんがうまく記事を書いてくださると信じています(両手でサムズアップ)」

「ミンホです。久しぶりにSHINeeの完全体としてカムバックすることになりました。7枚目のフルアルバムなので、SHINeeのカラーをたくさん込めました。たくさんの期待をお願いします。今日はいい記事をよろしくお願いします」

「SHINeeのキーです。貴重な時間を割いてくださってありがとうございます。軍隊から除隊して、アルバムで挨拶ができるのは2年6カ月ぶりです。軍隊にいるときにも、どうしたらいいアルバムが作れるのか、どうしたらいい活動が続けられるのか、そんなふうに悩んでいました。その日がいつ来るのかと思っていたのですが、いつの間にかこの場にいます。いつものように僕たちらしく誠実に活動するつもりです。いろいろなところで、今まで僕たちが体験したことのないような非対面のプロモーションを活用して、ファンの皆さんにご挨拶したいと思います」

 キーの言う「非対面のプロモーション」の一つとして話題になったのが、ホットライン電話番号(+82 70-7103-0525)に電話をかけるとメンバーたちの声を聞いて直接ボイスメッセージも残すことができるという「カムバック記念ARSプロモーション」だ。タイトル曲「Don’t Call Me」にかけて「電話を活用したコミュニケーションはどうか」というアイデアが生まれたと語るミンホ。ファンの「愛してる!」「新曲すごく好き!」というボイスを直接聞くことができたのは、とても心に残ったと語っていた。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる