GENERATIONS 数原龍友、力強さと美しさ兼ね備えたボーカル 明るい性格で後輩からも慕われる“Jr.EXILEの兄貴”

GENERATIONS 数原龍友、力強さと美しさ兼ね備えたボーカル 明るい性格で後輩からも慕われる“Jr.EXILEの兄貴”

 ボーカルの片寄涼太、数原龍友、パフォーマーの白濱亜嵐、関口メンディー、小森隼、佐野玲於、中務裕太からなる7人組ダンス&ボーカルグループ、GENERATIONS from EXILE TRIBE。王道J-POPから最先端のダンスミュージックまで、幅広い音楽性で多くのファンを魅了している彼らは、俳優やバラエティタレントとしても精力的に活動しており、Jr.EXILEの中で特にお茶の間に浸透しているグループと言えるだろう。2月10日にリリースした最新シングル『雨のち晴れ』も、土曜ナイトドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』(テレビ朝日系)の主題歌として放送中。始動から10周年を迎える2021年も、7人のさらなる活躍が期待される。そこで本連載では、個性豊かなGENERATIONSのメンバーを1人ずつフィーチャー。第2回はボーカルの数原龍友について紹介していく。

数原龍友

 数原龍友は、12月28日生まれで兵庫県出身。子どもの頃の夢は、プロ野球選手。小学2年生から野球を始め、中学生までは、読売ジャイアンツのキャッチャー・阿部慎之助のような選手になりたいと思っていたという(1)。その一方、EXILEが大好きな親の影響で、幼い頃からEXILEの曲を聴いて育ったそうで、小学5年生の時にEXILEのライブに連れて行ってもらったのを機に、少しずつアーティスト業にも興味を持つように。「この人たちみたいにたくさんの人を笑顔にしたいし、歌って踊るグループの真ん中で歌いたいなっていう夢が芽生えたのが中学生にあがる頃くらいでした」(2)と語る。当時は野球に夢中だったため、歌手は漠然とした憧れでしかなかったそうだが、後にハイレベルな選手と出会い、自分の野球の実力を実感すると、もう一つの夢である“歌手”への道を歩み始めた。

 地元の仲間に歌が上手いと言われていたこともあり、数原には“絶対EXILEになる”という根拠のない自信と覚悟があった。しかし、独学で歌の練習を重ねても、それには限界がある。カラオケBOXが開催するシンガーコンテストに何度も挑戦する中で、ライバル達の歌唱力に圧倒されて焦りを感じた彼は、本格的に歌を学びたいと高校を中退。学費や交通費を稼ぐためにアルバイトをして、EXPG大阪校に入校した。最初は初級クラスで歌を学んでいたが、ある時、歌もダンスもできる生徒が集まる特待生クラスに入れられることに。周りの生徒との差や慣れないレッスンに苦しみながらも、必死に食らいついた日々が“ボーカリスト数原龍友”の基盤を作り上げた(3)。

 そして2010年、約3万人の応募者の中から現・三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの今市隆二と登坂広臣を選出した『EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 2 ~夢を持った若者達へ~』に挑戦。GENERATIONSの片寄涼太と共にファイナリストまで勝ち残ったものの、惜しくも最終審査でチャンスを逃し、目の前で夢が崩れ落ちたショックから、しばらくは大好きだったはずの音楽を聴くのも嫌になったという。だが、母親の「何か歌ってよ。寂しいわ、こんな静かな家」(4)という言葉に勇気をもらい、“誰かに必要とされる存在でありたい”と、再びEXPGで歌とダンスのレッスンに励むようになった。すると、数原の一生懸命な姿がEXPGスタッフの目に留まり、2011年に上京が決まり、同年7月にはGENERATIONSの候補メンバーに抜擢される。デビューまでは『夢者修行』と題した全国行脚やメンバーチェンジといった試練もあったが、2012年11月21日、GENERATIONSはシングル『BRAVE IT OUT』でメジャーデビューを果たした。

GENERATIONS from EXILE TRIBE / BRAVE IT OUT

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる