THE BOYZ、Stray KidsからiKONやSF9まで……現役グループによるガチンコバトル、『Kingdom』への期待

『Road to Kingdom』
『Road to Kingdom』

 いよいよ4月に放送が開始することが正式に発表されたサバイバル音楽番組『Kingdom(キングダム)』(Mnet)。昨年12月に開催された『2020 MAMA(Mnet Asian Music Awards)』において、前哨戦である『Road to Kingdom(ロード・トゥ・キングダム)』の覇者、THE BOYZと、ATEEZ、Stray Kidsによるスペシャルパフォーマンスで、突如『Kingdom』の放送が予告された。この3組のパフォーマンスにより期待が高まっていた中、いよいよ全参加グループや司会に関しての情報がMnetから発表された。今回は、『Kingdom』の参加グループを紹介しながら、注目ポイントについて考察していきたい。

司会は東方神起、サバイバル番組『Kingdom』とは?

 Mnetによる『Kingdom』は現役アイドルたちが王座を巡って争うサバイバル番組だ。2019年に放映され人気を得た女性アイドルたちによるサバイバル番組『Queendom(クィンダム)』の男性版となっている。

 2020年4月には前哨戦番組『Road to Kingdom』が放映され、THE BOYZ、ONF、PENTAGON、ONEUS、VERIVERY、Golden Child、TOOの7組が、『Kingdom』の出演権を巡って争った。この番組で王冠を得たのはTHE BOYZで、4月から放映される本編『Kingdom』に出演することになる。

 『Kingdom』は、12月の『MAMA』でTHE BOYZの他にStray Kids、ATEEZの参加が発表され、そして1月にはBTOB、iKON、SF9の追加発表があり、6組で王座を争うことになった。同時に、司会は東方神起が担当することも発表になり、豪華なメンツにファンはいろめきだった。

[2020 MAMA] THE BOYZ X ATEEZ X Stray Kids_Triangular Fight

 『Kingdom』に期待したいのは、現役アイドルグループによる“ガチンコ勝負”だろう。与えられたテーマに沿って、ステージセットから、ダンス、アレンジ、動線、衣装まで、自分たちで作り上げていくからだ。前哨戦の『Road to Kingdom』でも各グループのコンセプトの組み立て方や、豪華なステージ、衣装がたびたび話題になったが、本編ではそれを超えてくるだろうという期待が高まる。また、東方神起の2人による参加者たちへのコメントやアドバイスなども気になるところだ。

デビュー9年・BTOBと中堅SF9、iKONの存在感

비투비 포유 (BTOB 4U) – ‘Show Your Love’ Official Music Video

 今回の『Kingdom』には今年でデビュー9年を迎えるBTOBが参加する。今や、音源チャート上位は当たり前、1位も繰り返しとっているようなグループだ。歌唱力の高さからいわば“歌うま”グループとして名を馳せてきた彼らだが、現在は兵役中のメンバーがおり、4人で活動している。『Kingdom』でどんなパフォーマンスで存在感をアピールしてくるのかが楽しみだ。

iKON – ‘뛰어들게(Dive)’ M/V

 そして、iKONの出演発表があった際は、ネットがざわついた。iKONも音源チャート上位にランクインするようなグループだからだ。しかし、2019年にはサウンドメーカーであり、リーダーだったB.Iの脱退もあり、グループとして苦難もあったはず。最近は海外での活動が多く、この番組で韓国で新たな層からの人気を得ることができるのか。サバイバル番組から生まれた彼らは、サバイバルは得意なはずだ。

SF9 – ‘여름 향기가 날 춤추게 해 (Summer Breeze)’ MUSIC VIDEO

 SF9もこの番組でどのような存在になってくるのかが楽しみだ。当初は『Road to Kingdom』に参加するという話があったが、一転二転して本編の『Kingdom』に参加することが決まった。2016年にデビューしている彼らは、デビュー5年を迎える中堅クラスだ。この番組で新たな姿を見せることができるのかが、彼らの飛躍の鍵になるかもしれない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる